麻雀は運ゲー?それとも実力?パチスロライター沖ヒカルの見解は

スポンサーリンク


麻雀は運ゲーか、それとも実力が勝敗を左右するのか。
この議論は今に始まったことではありません。

僕がよくセットをするメンツの一人は、リーチ合戦に負けるといつもこう言います。

「麻雀なんて運だろ。たまたま運が悪くて当たり牌を掴んだんだ。」

悔しいのか悔しくないのかわかりませんが、ポーカーフェイスを装いながら言ういつものセリフです。(100%悔しがってます)

確かに、運の要素が強いゲームだと思います。
だって、実際麻雀打っててラスを引かない人なんていませんよね?
トップをまったく取らない人もいません。
いくら良形のリーチを打ったところで、カンチャン待ちの追っかけリーチに一発で放銃することなんて多々あります。

しかし、長期的に見たらどうでしょうか。

1半荘ならたまたま勝つこともありますが、100半荘、1000半荘と繰り返すとどうでしょうか。
やはり雀力の差は出ると思います。

僕も漠然と実力のゲームだと思ってはいましたが、この人のブログでの発言を読んで、すごく納得できると感じました。

パチスロライター沖ヒカルの言葉

パチスロが好きな人は知っている人もいると思いますが、パチスロライターの沖ヒカルさんです。
YouTube動画とかで結構出てます。
動画ではいつもとてもふざけていてかなり面白い人です。

この方元々パチスロライターなんですけど、最高位戦日本プロ麻雀協会に所属しているプロ雀士なんですよ。

動画だといつもすごくふざけているのですが、麻雀打っているときはとても真面目です。
そして麻雀に対する姿勢もすごく真面目で、熱心に麻雀を研究されているようです。

スポンサーリンク

自分が弱いと認めて、常にレベルアップを目指しているところがすごいと思います。
(僕の場合、フリーとかで打ってもあの場面はこうだったとか、こうしたほうがよかったとか反省をまったくしないのでレベルが上がりません。)

そんな沖ヒカルさんが、ブログでこんな発言をしていました。
・麻雀は運ゲーではなく、実力・能力によって勝敗が決まるゲームだと断言できる。
・ミクロの視点では運100%だが、試行数を増やせば増やすほど実力・能力どおりの結果に落ち着く(確率が収束する)ことは間違いない。

更にパチスロに例えてこんなことを言っています。
・設定1と設定6の台が2台あるとしたら、どちらが出るか。当然6でしょ!
・設定1と設定6の台を1ゲームだけ消化した場合、どちらが出るか。そんなもん運だろ!
対象のブログ記事(麻雀は運ゲー?それとも…。)

このパチスロの例えは素晴らしくヒットしました。
確かにそうですよね。
スロットの高設定は終日打ってなんぼですからね。
短時間だと負けることもあり得ます。(設定6終日でも負けることもあると思いますけどね)
高設定で期待値がある台をひたすら回すことで確率通りに収束する。
麻雀も同様で、その都度その都度最善手を繰り返すことで確率通りに結果も収束するのです。

不運が続く時のメンタルの大切さ

いくら麻雀は実力差が出るとは言っても、短期的に見ればやはり運の要素が大きくなります。
そうすると、当然不運が重なることもありますよね。cv

勝負どころで先制リーチに行ったけど、他家の追っかけリーチに一発で放銃したとか、親だけど先制リーチが入り、高い手ばかり親っかぶりするとか。
そこでメンタルを保てるかどうかがとても重要です。
心が折れて熱くなり、冷静さを失ったら勝てません。
不運な時でもぶれない打牌選択をすることが、強い打ち手なのではないかなと思っています。

やはり、麻雀というものは実力次第で大きく勝敗の結果が左右されるものだと改めて思いました。
麻雀は本当に奥が深いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする