料理人秋山醤が雀士に?『鉄牌のジャン!』でガチ麻雀勝負!

スポンサーリンク

『近代麻雀』で連載中の『鉄牌のジャン!』がかなり面白いです。
この作者は西条真二先生で、人気料理漫画『鉄鍋のジャン!』のスピンオフ漫画となっております。

登場人物も鉄鍋のジャンとそっくりになっており、鉄牌のジャンの主人公は黒鉄雀(くろがねじゃん)。
鉄鍋のジャンの主人公秋山醤(あきやまじゃん)は料理人で、「料理は勝負だ!」という信念のもと、たくさんの料理対決が行われ、勝利を収めてきました。

今回の作品は料理ではなく、麻雀です。

スポンサーリンク

登場人物の比較


黒鉄雀(くろがねじゃん)
めっちゃ強い雀士。普通に打っても強いし、イカサマもできる。老舗雀荘「サンバンチ」にメンバーとして勤務し、数々の麻雀勝負を繰り広げる。30年間無敗の黒鉄幹二郎を祖父に持つ。鉄鍋のジャンを引き継ぎ、料理の腕前もすごく、雀荘での料理担当も務める。


秋山醤(あきやまじゃん)
料理がめっちゃうまい料理人。「料理は勝負だ!」を信条とし、様々な料理対決を繰り広げる。五番町飯店に勤務。秋山階一郎を祖父に持つ。


三番地銀子(さんばんちぎんこ)
元プロ雀士。全日本麻雀道連合を退会処分になり、祖父が経営する雀荘「サンバンチ」の店長を務める。巨乳


五番町霧子(ごばんちょうきりこ)
五番町飯店創業者の五番町睦十を祖父に持ち、「料理は心」を信条とする料理人。料理の腕前はかなりのもので、かなりの確率でジャンと衝突している。巨乳


小此木ののか
天然キャラで、仕事はあまりできない。麻雀も弱いが、なぜか三麻はめっちゃ強い。ジャンと一緒に拉致られた。


小此木タカオ
こいつも料理は下手で、仕事はできない。しかし、なぜかジャンが心を許す唯一の存在。


大谷一茂
全日本麻雀道連合会長。麻雀界の大御所。銀子を退会処分とし、ジャンのことも嫌っている。事あるごとに出てきてジャンや銀子に嫌がらせをするが、いつも負ける。


大谷日堂
料理評論家であり、料理界ではかなりの大御所。事あるごとにジャンに嫌がらせをするが、ジャンの料理にいつも魅了されてしまう。

このほかにもかなり似ている登場人物が登場します。

鉄鍋のジャンでは数々の料理勝負が行われ、料理の味はもちろん、審査員の度肝を抜く料理を作って勝負に勝つ姿が爽快ですが、今回の鉄牌のジャンでは、相手の心理を読んだ打牌選択をはじめ、イカサマにはイカサマで返したり、なんでもありである意味こちらも爽快です。
雀荘メンバーのくせに客に対しての態度は最悪、しかし秋山醤のように料理の腕前もすごく、客もその料理の虜になってます。
麻雀あり、料理ありの面白い漫画です。

皆さんもぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする