芸能界最強と麻雀界最強がチームメイト!Mリーグ出場チーム【チーム雷電】

スポンサーリンク


株式会社電通のチーム、その名はチーム雷電

全員日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士によるメンバー構成となりました。

話題の芸能界最強雀士を指名し、人気・実力ともにトップを目指します。

それではメンバー紹介です。

チーム雷電メンバー

萩原聖人プロ(日本プロ麻雀連盟)

1巡目指名は萩原聖人プロ。

長く芸能界最強のアマチュア雀士として麻雀界を盛り上げ続け、Mリーグ発足が発表となったあとに、ついにプロ入りを表明。

萩原プロが選んだ所属団体は日本プロ麻雀連盟。

アマチュアとして数々の名シーンを作り出し、その打ち筋はプロ級とずっと言われ続けてきました。

RTDリーグ2018にも召集されて話題となり、その他麻雀駅伝にもアマチュアチームで出場。

これから麻雀の更なるメジャー化を目指すMリーグにとって、俳優として知名度の高い萩原プロの力は必ず必要となるでしょう。

知名度だけでなく、プロと同じ土俵に立ったため、これまで以上に厳しい闘いとなることは間違いありません。


瀬戸熊直樹プロ(日本プロ麻雀連盟)

麻雀界では誰もが知る最強雀士、瀬戸熊直樹プロ。

日本プロ麻雀連盟最高リーグのA1リーグにずっと在籍し、鳳凰位決定戦に7期連続出場、その中で3回鳳凰位に輝いています。

RTDリーグにも3年連続出場、初出場の2016は決勝まで残っています。

親の大連荘(クマクマタイム)は有名で、一度調子が出るとどこまでも点棒をかっさらってしまいます。

赤ありルールのクマクマタイムが炸裂すれば、21人のMリーガーの中で攻撃力はナンバー1でしょう。


黒沢咲プロ(日本プロ麻雀連盟)

3位指名は驚きの黒沢咲プロ。

連盟のA2リーグに所属し、その実力は女流トップクラス。

昨年はA1昇級争いで惜しくも昇級はなりませんでしたが、近いうちにA1昇級できるほどの実力を持っています。

印象としてはかなり攻撃寄りのイメージ。

ここぞという時の攻撃力はすごいので、瀬戸熊プロの攻撃力とマッチすれば、雷電の攻撃力は最強でしょう。

スポンサーリンク

近代麻雀の戦力分析

攻撃力★★★★★
守備力★★★☆☆
団結力★★☆☆☆

ハマったら強いが、全員の個性が強すぎてまとまりがつくかどうか不安という評価。

全員同じ所属団体ですが、団結力★2が気になりますね。

しかし攻撃力はマックス。

やはりクマクマタイムと萩原プロの手役が決まれば、大トップを取る試合も増えそうです。

唯一女流プロの黒沢プロがその2人をまとめてくれるのではないでしょうか。

実力・経験は豊富な3名なので、優勝争いに加わることは間違いありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする