鈴木たろう安定感抜群の強さ!RTDリーグ2018ホワイト9回戦

スポンサーリンク


RTDリーグ2018ホワイト9回戦の模様をお伝えします。
対局メンバーは、猿川プロ、達也プロ、たろうプロ、勝又プロ。
猿川プロはここまで7位と低迷。
いまだトップなしで厳しいスタートとなっています。
達也プロも持ち前の高打点がなかなか決まらず、6位。
今回はどのような対局となるのか。

東1局は親でホンイツ仕掛けの猿川と、たろうのふたりテンパイで流局。

続く1本場、たろうがドラドラのチートイツをテンパイ。
場に2枚切れの西:麻雀王国でヤミテンかと思いきや、そのままリーチ!
地獄タンキ!

これを、ここまで粘ってドラドラで三色も見えるイーシャンテンの猿川が掴み、止まりません。

裏も乗って跳満。
猿川ここも厳しいスタートとなってしまいます。

跳満放銃の猿川、今回はイッツー確定の先制リーチ!

くっつきのイーシャンテンだった達也ですが、別なほうにくっついてしまい、放銃となってしまいます。

裏は乗らず5200。
ちょっとずつ取り返しましょう。

東3局はたろうが仕掛けて2900。
打ったのは猿川。
まだ波に乗り切れない様子です。
たろうは早くも40000点オーバー!
このままいくか?

ラスの猿川は1巡目からホンイツを目指して仕掛けます。

うまく育って5巡目ホンイツテンパイ。
ここはぜひ高目の満貫をモノにしたい!

イーシャンテンのたろうが掴み、そのままツモ切り。
安目ではありますがトップ目のたろうから出て少し点差が縮まります。

猿川、ここもチャンス手。
ドラドラで、自風を積極的に仕掛けていきます。

ようやくテンパイを入れました。
けっこう時間かかりましたね。

イッツー完成でテンパイしている達也が、カン三萬:麻雀王国に受けてこれが猿川への放銃。

このアガりで2着浮上の猿川。
達也もまだ調子を取り戻せていないきつい展開が続きます。
頑張れ!

スポンサーリンク

南入し、親の猿川、ここで加点したい!
先制リーチを打ちます。

たろうもドラドラでテンパイ。
ドラのシャンポンには受けず、猿川の現物を打ってカンチャン待ちで追っかけます!

きました達也のキレイなタンピンリャンペーコー!
達也もかなりいい手を作っていますが、アガれません。
今度こそ!

しかし、下家のたろうがリーチ後すぐにツモ!
これは強い!
達也的には痛いですね。
じゃあテンパイすんなって感じですよ。

ここまで大人しかった勝又がドラドラでチャンス手。
役牌を鳴いて前に出ます。

チャンタ目指して猿川も仕掛けます。

うまくチャンタテンパイ!
三萬:麻雀王国でシャンポンに受けます。

これを勝又がポンして勝又もテンパイ!

猿川に流れてきた四索:麻雀王国が勝又の当たり牌。
当然止まるはずもなく…

ここは勝又に軍配。
オーラス親が残っている勝又も、ここから攻撃モードか。

南3局はたろうが先制リーチ!
決めに来ています。

たろうの宣言牌を勝又が鳴いてテンパイ!
勝又もここは最後の親に向けて蹴りたい場面!

リーチのたろうが掴んで勝又へ放銃。
打点こそ安いですが、勝又的には好感触でオーラス親番を迎えます。

オーラスは、ハネツモで2着浮上の猿川がドラ3で先制リーチ!
これをツモれれば2着となります!

トップのたろう、イーシャンテンのところで一発で猿川の当たり牌を掴みます。
ここは少考。
そして…

そのままツモ切り!

跳満となります!
しかし猿川は出アガリでは2着に届かず3着のまま。
たろうもそのままトップ!

順位はこちら。
猿川プロは2着浮上の条件を満たしましたが、トップ目のたろうプロから一発で出てしまったので、当然アガるでしょう。
いまだトップが遠いですね。
達也プロも厳しい!
達也プロも5戦でまだトップなし。
昨年は予選敗退で厳しい結果となりましたが、今年もここまではかなり厳しい。
これから浮上してもらいたいですね。
10回戦に続きます!