大逆転で猿川真寿初トップ!RTDリーグ2018ホワイト20回戦

スポンサーリンク


RTDリーグ2018ホワイト20回戦の模様をお伝えします。

対局メンバーは、猿川プロ、勝又プロ、石橋プロ、平賀プロの4名。

好調の石橋プロと、絶不調の猿川プロに注目が集まります。

猿川プロはここ9半荘でノートップ。

2着1回、3着4回、ラス4回という厳しい状況。

昨年に比べればまだ序盤でこのポイントなので望みはあると猿川プロ。

出場停止はなんとしてでも避けたいところなので、そろそろトップを取って浮上したいですね。

石橋の5200からスタートした20回戦。

壮絶な打ち合いで逆転に次ぐ逆転が生まれた半荘となりました。

平賀が先制リーチ。

2本場で供託4本という状況、この供託をかっさらいにいきます。

ドラドラのイーシャンテンの勝又が放銃。

供託含めて満貫以上のアガりとなります。

親番となった平賀はダブ東をアガって連荘に成功。

ここから平賀タイムの突入です!

三色イーシャンテンから安目が入りますが、親番なので即リーチ!

テンパイしていた勝又がまたもや放銃。

5800は6100と、ジワジワと引き離します。

ダブ東暗刻でこれも強烈なカンチャンリーチ!

誰も向かっていけない状況か!

これ以上走らせまいと石橋がドラドラのピンフで追っかけ!

直後に平賀がツモって4000は4300オール!

自分らしいトップを取っていないので、トップを取りたいと言っていた平賀がダントツトップ!

絶不調でここまでも10000点を割っている猿川、三暗刻でとりあえずテンパイ。

そのままタンキでツモ!

浮上のきっかけになるか猿川!

平賀が50000点オーバーのダントツ状態で南入。

スポンサーリンク

先ほど満貫ツモの猿川、三色へと手変わりしてリーチ!

現状2着の石橋が追っかけ!

親リーチにカンチャンで追っかけるのは石橋らしさか。

安目ではありますがしっかりとツモって裏を1枚乗せ、猿川が4000オール!

猿川がんばれ!

平賀が最高の形で先制リーチ!

三萬:麻雀王国六萬:麻雀王国四萬:麻雀王国七萬:麻雀王国の4メンチャン!

箱下寸前の勝又がチートイツで追っかけ!

この待ちで勝ったら奇跡か勝又!

すると、ハイテイにこいつがいました!

しかも裏が乗ってハネ満!

ツモれない平賀もきついですが、必死に我慢して6000点取られる親の猿川がもっときつい!

アガって親を迎える勝又、三色テンパイでいったんヤミテン。

平賀もテンパイし、珍しくヤミテン。

続々とテンパイが入り、猿川もイーペーコーのヤミテン。

すると勝又が今だとばかりに空切りリーチ!

これを…

そっこうでツモ!

石橋のチーで一発が消されましたがこれはうれしい満貫となります。

勝又が一気に息を吹き返します!

ここも親の勝又が先制リーチ!

石橋がドラをポンして応戦!

猿川がサンメンチャンで追っかけます!

こいつはアガりたいです。

ドラポンでイーシャンテンの石橋が勝又の当たり牌をつかみ、そのまま放銃。

安いですが勝又を勢いづかせます。

またもや先制リーチ!

ツモって裏1枚乗れば一気に平賀をまくってトップとなります。

何とハイテイまで引っ張ってツモ!

このアガりで本当に平賀をまくります!

57000点あった平賀ですが、すごい試合!

高目イーペーコーでリーチの猿川!

最高目でしかも裏2枚乗って3000・6000!

解説の寿人プロもびっくり!

勝又が2600をアガって勝負はオーラスへ。

石橋はハコ下となりますが、まだだれがトップとなるかまったく分からない点差。

そこへ石橋のリーチ。

しかし石橋のアガり牌は山になし。

満貫ツモでトップの猿川、ドラを使ったペンチャン待ちか、タンヤオかの選択でタンヤオで追っかけ!

しかし!

激痛!

ペンチャンに受けていれば一発でツモって逆転トップでした!

これはマジで痛いですね。

どうしてこうきつい展開が続くのでしょうか。

ラス親の平賀もなんとかテンパイを取り、流局に持っていきます。

トップの勝又との点差を一気に詰めます。

平賀が先制リーチ。

勝又もヤミテンで応戦。

これをアガれば終了。

しかしここは勝負つかず。

勝負は2本場へ。

満貫出アガリか1300・2600ツモがトップ条件の猿川。

チャンタ系か。

親の平賀がまたもやリーチ!

アガりやめがないとは言え、さすがに高目イッツーでアガられると今度こそトップが決まってしまうか。

猿川も必死に応戦!

なんとかテンパイしてくれ!

アガればトップ終了の勝又も必死にテンパイ!

猿川がドラタンキでようやくテンパイ!

終盤、危険牌を持ってきて考える猿川。

こいつを打って当たってしまうと一気に突き放されるので、どうするか。

ここは強く押します。

トップへの執念を見せる漢・猿川。

神様は、今回ばかりはそんな漢・猿川を見放さなかった。

ハイテイの平賀のツモ牌は、ドラの一索:麻雀王国

オーラス、超厳しい展開で猿川が無理やり純チャンを仕上げて逆転トップ!

しかも10半荘目にして初トップ!

長いトンネルを抜けました!

一時は60000点近い点棒を持った平賀プロが3着でフィニッシュ。

箱下寸前だった勝又プロも吹き返して2着となりました。

それにしてもすごい試合。

満貫、跳満級が連発で逆転劇もすごかったです。

猿川プロもまだきついですが、とりあえず初トップおめでとうございます!

無理やりもぎ取った感じですごいかっこよかったですね。

今後の大逆転に期待しましょう。