和久津晶がついに本領発揮の2連勝!RTDリーグ2018ホワイト11回戦

スポンサーリンク


RTDリーグ2018ホワイト11回戦の模様をお伝えします。

対局メンバーは、勝又プロ、和久津プロ、猿川プロ、平賀プロ。

前回ようやく初トップの和久津プロが勢いに乗れるのか!

前回その和久津プロとオーラストップ争いの平賀プロも好調で現在ホワイト2位。

猿川プロはいまだトップなしの最下位に沈んでいるので、そろそろ爆発したいところ。

その猿川、まずはうまく4枚目の九萬:麻雀王国を引き入れてテンパイ。

場を見渡すと三索:麻雀王国がすでに2枚切れており、自身でも1枚使っているので、少考。

しかしここは三索:麻雀王国六索:麻雀王国待ちでリーチ!

これを力強く一発で引いて満貫ツモスタート!

この半荘こそトップを取りたい猿川!

最高の滑り出しとなります。

3巡目に早くもテンパイを入れていた勝又、イッツーに変化してドラ打ち、ヤミテン。

その後猿川も最高のカンチャンを入れてチャンタ完成、リーチとします!

こいつをアガれれば更なる加点でトップが見えそうだが、どうか!

いけるかと思ったのも束の間、すぐさま勝又の当たり牌を掴む猿川。

蹴られた上に5200はでかい失点となります。

和久津が先制リーチ。

これを和久津が一発で引きアガって1300・2600。

和久津も前回の勢いのまま浮上したいですね!

勝又が9巡目に先制リーチ。

ここはツモれず、ひとりテンパイで南入となります。

スポンサーリンク

南入で親の勝又、高目三色ドラドラのテンパイを入れ、巡目も深いのでここはヤミテンを選択します。

イーシャンテンの猿川、前巡は間に合った七索:麻雀王国をもう1枚引いてしまい、そのままツモ切ったところを…

勝又に決められ親満放銃となります。

猿川不運が続きます。

平賀がサッとアガって勝又の親番を流し、南2局。

ここも平賀が先制リーチに出ます。

親番の和久津は平賀のリーチを受けても強く押し、三色テンパイにこぎつけます!

さすがって感じの押しっぷりです!

強い!

このカンチャンをツモって4000オール!

このアガりで和久津が勝又を捲ってトップに立ちました!

負けじと平賀、チートイツをテンパイしてドラタンキのリーチ!

またしても和久津、まったくのド無スジ三筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七萬:麻雀王国を叩き切り、テンパイ!

高目三色テンパイのため、ここは五筒:麻雀王国勝負でリーチかと思いましたが、意外にも打二筒:麻雀王国のヤミテン。

即ツモって700オール!

三色に受けてリーチしていれば6000オール~でしたが結果論か!?

さらに負けじと平賀が先制リーチ!

ペンチャン即リーチがもっとも平賀らしい!

この人もチームがらくたに入れたらどうでしょうか。

和久津、ここも勝負か!

一発目にこの一筒:麻雀王国を叩き切ります!

これは平賀の入り目ですね!

これを猿川がポン!

猿川も必死にホンイツを目指します。

和久津も仕掛けてテンパイ!

壮絶なぶつかり合い!

和久津強い!

ここをツモって2600オールとします!

点棒も50000点を超えました。

勝又が1000・2000をツモって和久津の親が流れます。

ラス前に入り、オーラス満ツモ条件くらいを残したい勝又が積極的に仕掛けて役牌チャンタドラ1テンパイ。

親番の猿川も勝又と同じ待ちでリーチ!

どうしても連荘が欲しい場面です!

平賀が八索:麻雀王国を打って猿川連荘かと思いきや、ここは頭ハネで勝又のアガリ!

猿川本当についてない展開が続きますね!

心折れそう。

オーラス、親番の平賀がここもがらくたリーチ!

これを一発ツモ!

平賀の一番好きな役はリーチ、一発、ツモらしいですが、それを見事にアガリます!

猿川は箱下となってしまいます。

続く1本場も2000オールとし、連荘。

ジワジワと平賀が追い上げ開始か!

トップで終わらせたい和久津、ドラをポンしてタンヤオテンパイ!

別に満貫いらねー!

形式テンパイを取りに行った勝又がこれに放銃し、試合終了。

最後は満貫で締めた和久津がトップ!

攻める場面で攻めまくり、ヤミテンも駆使した攻撃を見せた和久津プロが2連勝!

ポイントも一気にプラス域まで持ってきました!

本当に行くところは行きますね。

トップ目でもガッツリ押していました。

勢い付きそうな勝ち方でしたね。

それにしても猿川プロは厳しい!

6半荘を終えていまだトップなし。

開局満貫スタートだったんでいけるかなと思ったんですが、勝又プロへの12000放銃は痛かった。

不運な頭ハネもあって、けっこうつらかったですね。

それでは12回戦に続きます。