和久津晶ラッキーな初トップ!RTDリーグ2018ホワイト10回戦

スポンサーリンク


RTDリーグ2018ホワイト10回戦の模様をお伝えします。

この試合でホワイトは全員が5半荘打ち終わることになります。

今回の対局メンバーは、石橋プロ、和久津プロ、寿人プロ、平賀プロ。

昨年ブラックダントツ首位通過の寿人プロが今年も現在首位。

同じ連盟で初出場の和久津プロはまだトップがない苦しい展開。

10回戦はどのような対局となるのか!

東1局は2局連続で寿人一人のノーテンでスタート。

2本場となり、和久津がイーペーコー完成のピンフリーチを打ちます。

これを平賀が放銃。

裏2枚乗って満貫のアガリとなります。

続く東2局はさきほど満貫放銃の平賀が純チャン、三色ドラ1のペン三筒:麻雀王国待ちでテンパイを入れます。

そこに親の和久津がドラ暗刻でぶつけます!

これをアガれば初トップへ大きな弾みがつきます。

寿人も大物手!

平賀の当たり牌を重ねてメンホンチートイツをテンパイ!

しかし、待ちに選んだのは和久津に暗刻の西:麻雀王国

アガれない方です。

寿人が3枚目の三筒:麻雀王国を持ってきてしまいます。

平賀が満貫をアガリ返しました。

親番となった寿人はひとまず1300オールをツモ。

反撃開始か。

続く1本場、和久津が4巡目にピンフテンパイ。

ここはヤミテンに構えます。

高目三色へと変化しますが、三索:麻雀王国がドラであり、そのままツモ切りとします。

意外な選択でしたね。

タンヤオへと変化し、ここもヤミテン継続。

ここはどこまでもヤミテンでいくということです。

そのヤミテンが功を奏し、石橋からあっさり出アガリ。

確実に3900をモノにします。

東4局、平賀らしいペンチャンで即リーチ!

ここは全員オリて平賀もアガれず。

ひとりテンパイで流局となります。

親番の平賀、このリーチは驚きでしたね!

この巡目で七索:麻雀王国タンキのリーチ!

全員オリろ!ってことでしょうか。

しかしここは和久津、石橋もテンパイとして寿人ひとりノーテン。

寿人は珍しくひとりノーテン3回目です。

10000点を割ってしまった寿人がドラを暗刻にして先制リーチ!

これは気持ちいい!

寿人の当たり牌を掴んで少考に入る石橋。

見渡すと石橋の目から四索:麻雀王国七索:麻雀王国五索:麻雀王国八索:麻雀王国も4枚見え。

寿人の1打目に九索:麻雀王国があり、八索:麻雀王国の方が七索:麻雀王国よりも安全と判断。

八索:麻雀王国とします。

寿人のアガりとなり、満貫。

石橋としては結構痛い放銃です。

スポンサーリンク

南入し、ここまでトップの和久津が先制リーチ。

アガって最高の形で親を持ってきたいところ!

突き放すわけにはいかないと、役牌を仕掛けている平賀も勝負に出ます!

ここは平賀の勝利!

打点以上に価値のあるアガリとなります。

ジワジワと追い上げる平賀、今度はイッツーで先制リーチ!

この流れで一気にトップへ立つか!

和久津が一発を消しますが、このあとオリ。

ここはアガりが生まれず、流局となります。

親番の寿人、ペン三筒:麻雀王国でテンパイするも、ここはテンパイを外します。

石橋もこの仕掛けでホンイツまっしぐら!

再度テンパイする寿人、ここはカンチャンでリーチ!

がらくたリーチ炸裂するか!

石橋が發:麻雀王国を加カン!

リンシャン牌を引いてうまくホンイツテンパイ!

そしてリーチの寿人がこれを掴んで石橋の勝利。

見事なホンイツです。

オーラス、1400点差で初トップ目前の和久津。

ここは何としてでも自分でアガリをつかみにいきたい。

平賀がテンパイしますが、ここはシャンポンのためヤミテン。

それがサンメンチャンへと変化!

ここは最高の形でリーチを打ちます!

和久津も必死にアガりに向かい、テンパイ!

平賀強い!

これをツモって2600オール!

オーラスで逆転でトップに立ちます。

フリールールならこれで終了となりますが、RTDルールにアガり止めはありませんので続行。

2着和久津とは9000点差。

更なる加点を目指して高目三色でリーチに出ます!

前回の半荘で三色3回成就させた平賀ですが、ここも三色で決定打となるか!

寿人もヤミテンで三暗刻のテンパイを入れます。

60符なので満貫テンパイ。

何とリーチの平賀が寿人の当たり牌を掴んで放銃。

寿人が8000は8300のアガりとなります。

リー棒も出したため9300点を失った平賀、300点差で和久津がトップとなって終了!

最後は意外な展開で終了となりました!

平賀プロがこのまま突っ走りそうな展開でしたが、ラッキーな形で和久津プロがトップをかっさらって記念すべき初トップ!

10回戦終了時点のホワイトの順位はこちら。

和久津プロがトップを取り、マイナスを減らすことに成功!

この勢いで更にポイントを稼いでもらいたいです。

安定しているたろうプロが首位!

昨年覇者の平賀プロも2位の好位置に付けています。

まだトップがなく不調の達也プロ、猿川プロの奮起にも期待しましょう!