今年は違うぞ石橋伸洋絶好調!RTDリーグ2018ホワイト5回戦

スポンサーリンク


RTDリーグ2018WHITE DIVISION5回戦の模様をダイジェストでお届けします。
対局メンバーは鈴木達也プロ、和久津晶プロ、勝又健志プロ、石橋伸洋プロの4名。

開局早々大物手の予感!
石橋が四暗刻イーシャンテンとなります。

しかしここは現実的に一枚目からポン。
ツモれば満貫なのでこれでよし。

こいつをあっさりツモってまずは満貫ツモからスタート。
石橋いいね!

東2局は石橋ひとりノーテン。
東2局1本場、西家の石橋。
ここは積極的に仕掛けてホンイツを目指します。

もう一つ仕掛けてイーシャンテン。
しかしペン三萬:麻雀王国が少しネックですね。

勝又がチートイツテンパイをし、一筒:麻雀王国待ちテンパイを取って打三萬:麻雀王国
下家の石橋がネックだった三萬:麻雀王国を鳴けるチャンスでしたが…

親の和久津がこれをポン!
タンヤオのテンパイを取ります。

石橋が一筒:麻雀王国をツモ切りし、

勝又への放銃。
安くてよかったけど、ひとりノーテンの次に放銃とは、波に乗り切れていないか?

東3局、石橋がいち早くテンパイ。
ここは三暗刻とかも見えるのでヤミテンに構えます。

達也もその後チートイツテンパイをします。
これをヤミテンにします。

前巡出たばっかりで自身のスジになっている二索:麻雀王国で達也が先制リーチ!

達也のリーチを受け、4枚目の二萬:麻雀王国をツモってきた石橋は、これを暗カン!

ここもまだヤミテンに構えます。

次巡にリーチ!
達也との一騎打ちです!

結果、達也が石橋の当たり牌を掴み、石橋に軍配。
暗カンした二萬:麻雀王国が裏ドラとなり、跳満となりました!
達也としてはこれは激痛!

先ほど手痛い放銃をした達也ですが、ドラドラを活かしてここはどうしても取り戻したい。
まず仕掛けを入れます。

最高の三色テンパイをし、リーチをかける石橋。
ツモれば6000オールから!

達也もなんとかフリテンの牌を引き入れ、テンパイ!
今度はどっちが勝つか!

勝又もテンパイを入れます。
リーチと仕掛けをかいくぐってアガれるか?

五索:麻雀王国が自身の目から4枚見えており、三索:麻雀王国が狙えるとしてシャンポンに受け変える勝又でしたが…

こっちだったらアガってた!
これはちょっと痛い!

最後は達也が力強くツモり、1000・2000。
巻き返しをはかります。

スポンサーリンク

南入し、まだラスの達也が親で先制リーチ!

こいつを一発でツモ!
裏は乗らず2000オール。
達也の反撃が始まるか!

全員ノーテンで流局し、達也は親が流れてしまいます。
南2局2本場。
親の和久津がドラ切りで先制リーチを打ちます。

イーシャンテンの勝又が勝負に出て放銃。

ここも裏は乗らず。
和久津、連荘に成功します。

今度は勝又がリーチ!
最安目を引いてのリーチですが、まあしょうがない。

テンパイし、ドラを叩き切る和久津。
さすが超攻撃型麻雀!

このドラを達也がポン!
残り親番もないので、ここは勝負に出ます!

和久津、一歩も引かずにシャンポンで押します!

何と先制の勝又が八萬:麻雀王国を掴んで和久津へ放銃。

点数以上に思いダメージが勝又にのしかかります。

石橋が3副露し、ホンイツテンパイ。

待ちはカン四筒:麻雀王国

テンパイ料すら惜しい達也、テンパイ維持のためにこの巡目で生牌をプッシュ!
ここはともにアガれず流局。

いち早く終わらせたい石橋がここは仕掛けます。

もう一つ仕掛けてテンパイ。

石橋を10000点弱で追う和久津がテンパイ。
ここはヤミテンとします。

すぐさま勝又が放銃。
勝負はいよいよオーラスへ。

満貫ツモで2着浮上の達也は、一発でツモるかツモって裏1条件で先制リーチ!

しかしここは1300・2600で届かず。
終局となりました。

石橋が最後まで点棒を守ってトップ!
2連勝を飾りました!

6回戦に続きます!