村上淳なんとか耐えて初トップ!RTDリーグ2018ブラック6回戦

スポンサーリンク


RTDリーグ2018ブラックの6回戦の模様をお伝えします。
初日最後の半荘となります。
これでブラック全員が3半荘闘い終えることになります。
6回戦の対局メンバーは、村上淳プロ、小林剛プロ、白鳥翔プロ、瀬戸熊直樹プロ。
ここまで2連勝の小林プロ、3連勝なるか!
白鳥プロも現状2位で内容も安定しています。
少しマイナスの村上プロと、100ポイント近くマイナスとなってしまっている瀬戸熊プロも、初日最終戦はぜひともトップを取りたいでしょう。

そんな中始まった対局ですが、これまでぶつかり合うことが多く、必ず誰がにアガりが生まれていましたが、東場はかなり重い展開が続きます。

東1局は瀬戸熊1人テンパイで流局。

東2局は全員ノーテン。
村上の遠い仕掛けでしたが、普段あまり鳴かない村上の仕掛けに他家がオリ、村上もテンパイできませんでした。

東3局は小林の1人テンパイで流局。
3局連続で流局となりました。

東4局3本場、そろそろアガりが欲しい小林がこの仕掛け。

すると白鳥がドラタンキのチートイツでリーチと出ます。
ここまで攻守のバランス最高の白鳥、この半荘最初の大物手が炸裂するか!

同巡、下家の瀬戸熊が追いついて追っかけリーチ!
いきなり2軒リーチとなりました!

更に下家の村上もテンパイを入れ、同巡に3軒リーチ!
あっという間にぶつかり合いとなります!

ドラ2枚使いで安全牌もない小林も、3軒リーチで2人に無筋をいきます。

テンパイしますが、ここは冷静に前巡通った六萬:麻雀王国打ち。

白鳥が村上の当たり牌を掴んで村上の勝利。
裏1で5200は6100とリー棒付き。
ここは大きいアガリです!

スポンサーリンク

いい感じで南場の親番を迎えた村上。
ドラを重ねるか、もしくはホンイツかといったところ。

捨て牌3段目でようやくホンイツイーシャンテンとなります。

そのあとは早かった!
リャンメンに受けて7700のテンパイとします。

これをツモって2600オール!
村上が一歩抜けたか!
しかしこの卓は簡単に勝たせてはくれないコバゴーがいるので、安心できません。

白:麻雀王国のポンテンを取って村上の親を流しにきました。

サンメンチャンに変化して待ち変え。

チートイツ狙いの白鳥が、3枚目をツモ切って放銃。
らしいアガりでコバゴータイムが始まるのか!

親番のコバゴー、ここも仕掛けて連荘に成功します。

1本場は瀬戸熊が先制リーチ!
この半荘なんとか耐えている瀬戸熊も、そろそろアガりが欲しい場面。

白鳥が瀬戸熊の当たり牌を上手く暗刻にしてテンパイ、追っかけリーチ!
白鳥も気持ちよく親番を持ってきたいですね!

親のコバゴーが上手く回ってテンパイ。
ここはヤミテンとします。

これを白鳥が掴んでコバゴーへ放銃。
打点は安いですが、チャンス手を消す相変わらずめちゃくちゃいいアガり。
ジワジワと村上に迫ります。

次局は三色確定で先制リーチ!
シャンポンには受けずにカンチャンにします。
これ決まると3連勝かなり近づきますね!

粘ってチートイツテンパイの白鳥。
ここはアガリにいくためにあえて六索:麻雀王国切りリーチとしますが…

コバゴーの三色へと刺さります。
コバゴー強い!
4局連続アガりを見せます!
また逆転トップを取るのか!
勝負に出た白鳥でしたが、箱下寸前までへこんでしまいます。

ラスの白鳥、4枚目を引いて暗カン。
リンシャン牌を持ってきてイーシャンテンとなります。
新ドラは白:麻雀王国で、その牌は…

ここに暗刻!
一気に勝負手となった村上!
コバゴーを引き離したいところです。

チーしてテンパイ!
さりげなく勝つことができるか!

なんとか白鳥もテンパイ!
サッと流したいところでしたが…

またもやコバゴーからリーチ!
本当に逆転してしまうのか!

ここはなんとか白鳥がツモって耐えます。
頑張った!

ここまでなかなかアガれない瀬戸熊。
高目三色で先制リーチ!
アガってオーラス、クマクマタイムとしたいところです!

ここをしっかり高目ツモって2000・4000!
ここぞという時のこういうアガリは見事ですね。

しかし最後は積極的に仕掛けた白鳥が少し素点を復活させて終了。

村上、なんとか逃げ切って初のトップ!
コバゴーの怒涛の追い上げ耐えてなんとか守り切りました。
これまでの小林プロの闘い方を見ていると、このまま逆転してしまいそうな感じもしましたね。
しかし小林プロ、2連勝から2着で、最高の滑り出しとなりましたね!

6回戦を終えたブラック順位はこちら。
6位までがプラス、7位の瀬戸熊プロと8位の内川プロが大きくマイナスとなってしまいました。
初日にしてトップの小林プロとラスの内川プロの差が300ポイントも開いてしまっています。
萩原さんがオーラス捲ってトップを取り、ちょいプラスで終えています。

それにしても小林プロ、6回戦まで最強ですね。
鳴いてよし、メンゼン高打点を決め、守備も抜群の安定感。
このまま小林プロが今年も突き抜けるのか、どこまでポイントを増やすのか注目です!