白鳥圧勝で全体2位!RTDリーグ2018ブラック4回戦

スポンサーリンク


RTDリーグ2018ブラック4回戦も壮絶な打ち合いとなりました。
ブラック4回戦の対局メンバーは、俳優萩原聖人、内川幸太郎プロ、村上淳プロ、白鳥翔プロの4名。
現状白鳥プロのみプラス、他3名は初戦マイナススタートという状況でスタートしました。

東1局、2局とリーチ超人が連続5200を決め、迎えた東3局。
そのリーチ超人がまたリーチに行きます。
力強すぎて捨て牌吹っ飛んでますよ!

ラスの萩原も最高の牌を引き入れてサンメンチャン!
力強く追っかけリーチに出ます!

内川の手牌ですが、二軒リーチを受けてホンイツトイトイテンパイを崩します。
さすがに行けないか…

これを先制の村上が一発で掴んで萩原満貫!
村上、いい感じできてましたがここは足止めされてしまいます。

内川、今局もホンイツ狙いでまずはチー。

親の白鳥、カン七萬:麻雀王国でぶつけます!

萩原もテンパイし、少考の末ツモり三暗刻の形でリーチ!


内川もようやくテンパイ。
ここは勝負どころだ!

白鳥がこれをツモって勝利!
しかも裏2枚乗せて4000オール!
これは強いですね。

次局はものすごいぶつかり合いとなります。
それがこれ。

1本場、またもや親の白鳥がドラ2枚使いのカンチャン待ちで即リーチ!
これをモノにできればかなり大きいが、どうなるか!

萩原もカンチャンで追っかけリーチ!
白鳥をこのまま走らせるわけにはいきません。

白鳥の暗カンでドラが増え、そしてチャンタへ変化した内川、勝負局!
これまできつい展開が続いている内川、勝てるか!
このリーチで三軒リーチとなります!

何とリーチ超人までもがリーチ!
四軒リーチです!
プロの試合で四軒リーチは初めて見ましたね。
というか僕のよくいく雀荘だと四軒は流局になるルールなんで、一瞬流局かと思いました。
最後は…

内川が白鳥の当たり牌を掴んで放銃。

内川もこの表情。
きついですね。

裏が1枚乗って親マンとなります。
内川が仮にアガってたら、裏ドラで白:麻雀王国がモロ乗りしてましたよ。
こういうのは本当にきついです。
解説の多井プロも、「内川お祓いした方がいい!」と言うほどきつい展開。

スポンサーリンク

南入し、とりあえず1600をアガった内川。
しかしまだひとり10000点を割っており、親番のここは是が非でも加点したいところで先制リーチ。

下家の村上が同巡、ドラ2枚使えるカンチャンの方を引いて最高のテンパイ!
当然追っかけリーチです!
これが…

リーチ超人が一発でツモって跳満。
追っかけに負けた上に跳満の親っかぶりをする内川。
ここまできついか!

南3局はトップの白鳥がサクッとチートイツをツモって迎えたオーラス。
箱下となってしまった内川が浮いたドラを重ねてシャンポンリーチ!
内川的にも最後くらいお願いしますって感じですね。

これをなんとかツモ。
しかし、全体的にとてもつらい展開となってしまった内川。

終わってみれば白鳥が圧勝。
勝負どころの親番でしっかり点数を稼げたところが勝因でしょうか。
いくところはしっかりいき、引くところは引く。
バランスが最高でした。
それにしても四軒リーチのぶつかり合いは大興奮でしたね!

キレイにプラスマイナス4人ずつとなっています。
トップの小林プロと内川プロは早くも200ポイント以上差がついてしまいました。
しかし内川プロは鳳凰位決定戦に進出した実力者。
まだ2半荘しかやっていないので、残り25半荘。
必ず挽回してくれるのではないでしょうか。
これからどのような展開になるか、楽しみです!