変幻自在のコバゴーがついに+400オーバー!RTDリーグ2018ブラック32回戦

スポンサーリンク


RTDリーグ2018ブラック32回戦の模様をお伝えします。

結論から言うと、小林プロマジで強すぎ!

仕掛けがうまい、メンゼンで高打点も作る、守備も鉄壁。

正に最強の打ち筋です。

RTDリーグ2018ブラックもこれまでダントツ首位をキープしていて、勝負は32回戦となりました。

対局メンバーは、村上淳プロ、小林剛プロ、白鳥翔プロ、萩原聖人の4名。

開局早々ぶつかり合う展開となります。

まずは萩原が先制リーチ!

そこへ現在2位の白鳥がぶつけに行きます!

親の村上がチートイツのイーシャンテンから萩原への放銃となります。

まずは萩原の5200からスタートしました。

続く東2局も、萩原がサンメンチャンで気持ちよく先制リーチ!

先ほど放銃となった村上がメンタンピンで再度勝負を挑みます。

いい形なだけに勝ちたい!

前巡からチートイドラドラをテンパイしていた親のコバゴーが、追っかけリーチにいきます!

さすがにサンメンチャンが強いですね!

萩原がツモって2局連続アガり!

リー棒も2本入って上々の立ち上がりとなります。

東3局、浮かせていた自風の北:麻雀王国がくっついてリーチに出るコバゴー。

いいカンチャンを入れて追っかけるリーチ超人。

ここまでいい感じのテンパイが入ってリーチまでいきますが、アガりにつながらない苦しい展開のリーチ超人。

やはりここも当たり牌を掴んでしまいます。

打点こそ低いものの、手痛い放銃となるリーチ超人。

ドラ暗刻のタンヤオテンパイでここはヤミテン。

今日のコバゴーはメンゼンでよく仕上がります。

白鳥も小三元で応戦しますが、最終的にオリ。

ヤミテンで押し通して流局。

ここはひとりテンパイとなり、まあいいでしょう。

南入となります。

スポンサーリンク

南1局、コバゴーがカンチャンでリーチ!

これがすごかった。

コバゴーの待ち牌八索:麻雀王国はここに暗刻。

そしてイーシャンテンとなる萩原。

強すぎ!

ラス牌を一発でツモって満貫!

南入して一気にエンジン全開のロボット、コバゴー!

今日はリーチが本当によく決まります。

南2局、コバゴーが親番。

ここも先制リーチを打つことに成功し…

打点こそ安いが着実に点棒を増やします。

続く1本場、手役派萩原が高目三色でリーチ!

ここもメンゼンをキープし、メンホンチートイのテンパイとなるコバゴー。

今日は鳴かないんですね。

しかし、次巡危険牌を掴んでここは冷静にオリ。

この判断力も本当に素晴らしい。

この判断力こそがコバゴーの守備力の高さなのでしょう。

萩原もこれはアガれず流局となりました。

ここまでくれば後は局を進めるのみ。

ここは積極的に仕掛けます。

そんな中、親の白鳥からリーチが入ります。

コバゴーはどういう選択をするのか。

ドラが雀頭となり、こいつを仕掛けてテンパイを取ります。

親のリーチに対してもう一つ押します。

ここは勝負どころと踏んだのでしょう。

これを萩原から討ち取って3900は4500とリー棒付き。

今回は勝負どころと踏んでしっかりと勝負に出て、更なる加点に成功しました。

オーラスとなり、ラス親の萩原がテンパイ連荘をして2本場となります。

こいつをツモれば2着浮上の白鳥、チートイドラドラでリーチ!

親の萩原もテンパイ!

三暗刻で片アガりの状態ですが、四暗刻変化もある楽しみな手。

するとリーチ超人がツモり四暗刻をテンパイして追っかけ!

一撃逆転となるか!

暗カンした六筒:麻雀王国がモロ乗り!

しっかりと暗カンした牌を見て、ドラ4を確認します。

オーラスでこんな展開になるなんて、すごい局!

しかしここは流局となり、コバゴーひとりノーテンとなります。

最後はあっけなくコバゴーがヤミテンでピンフをアガって終了。

最後逃げ切った小林プロがトップ!

仕掛けを多用する小林プロですが、この半荘はメンゼンでのアガりが光る半荘となりました。

本当に何でもできますねこの人は!

気づけばポイントも400を超えてダントツ状態となりました。

まじで強いですね。

攻撃力、そして守備力、押し引きの判断、どれをとっても最強です。

今年の優勝は小林プロでしょうか、そう思わせる半荘でした。