コバゴー捲ってトップ!RTDリーグ2018ブラック2回戦

スポンサーリンク


開幕戦に続いてブラック2回戦。
対局メンバーは、初出場松本吉弘プロ、内川幸太郎プロ、村上淳プロ、小林剛プロの4名。

東1局、起家スタートの初出場松本が先制リーチをかけます。
まずは初アガリを決めて気持ち良く先制したいところですね。

仕掛けを多用するコバゴーが親リーチを蹴るべく仕掛けてドラ待ちテンパイ。

この仕掛けでツモ順が変わった瞬間ツモ!
裏は乗りませんが1300オールで松本が連荘に成功します!

1本場も、親の松本がサンメンチャンで先制!
こいつを…

バシッと一発でツモって6000オール!
「最年少だが胸を借りるつもりはない」と、強気の発言通りにいきなり跳満をぶち当てます!

2本場は流局し、続く3本場。
そろそろ親を蹴りたい村上がホンイツ狙いで仕掛けます。

サクッとテンパイにこぎつけます。

内川も負けじと仕掛けてイーシャンテン。

コバゴーがメンゼンでテンパイしてリーチ!
ふたりの仕掛けに対してコバゴーもぶつけていきます!

ここをツモって裏を1枚のせ、3000・6000のアガリ!
平均打点が低いコバゴーですが、ここは高打点をモノにします!

跳満をツモったコバゴーが今度は2巡目から仕掛けます。
メンゼンあり、仕掛けあり、自由自在です!

もう一つ仕掛けてテンパイ。

1000点でサッと流しました。
このアガりが他家としてはやりづらいですね。

またもコバゴー、1枚目から仕掛けます。

東3局に入り、2000オールをツモリとその後流局を挟んで2本場、連荘中の村上がペンチャンでリーチ!
昨年最高位を獲得した村上も、黙ってはいられません。

その村上のリーチ宣言牌を鳴き、まだイーシャンテンのコバゴー。

内川もテンパイを入れますが、三暗刻変化とかもあってここはヤミテンにします。

コバゴーが追いつきます。
ここまで危険牌を切ることなくテンパイにこぎつけました。

テンパった瞬間に村上が掴んでコバゴーの勝ち。

親のリーチをサッと蹴るコバゴーらしいアガりを見せます。

気づくとコバゴーに追い上げられている松本がカンチャン待ちでテンパイを入れますが、とりあえずダマ。

次巡にドラをもう一枚持ってきて、待ち変え。
ここもダマ継続。

役なしテンパイの内川が松本の当たり牌を掴み、これは止まりません。

内川から討ち取って5200、再び40000点台に復活します。
ウッチーはきついですね。

スポンサーリンク

南入し、村上が500・1000をツモって松本の親番が流れます。
南2局は流局を挟んで1本場、松本がテンパイしてドラを打ち出し、一旦ヤミテンにします。

ドラが鳴かれないことを確認し、次巡リーチ!

村上が放銃し、裏2枚乗って5200。
オーラス親を控えるコバゴーを突き放します!

その後村上の5800、そして箱下寸前で調子の悪い内川も満貫をツモるなどして少し巻き返したりと、勝負はオーラスに入ります。
トップ目は初出場の松本。
2着コバゴーとの点差は12000点。
オーラス親のコバゴーが逆転に向けて先制リーチ!
やはり簡単には勝たせない、昨年のファイナリスト!

ツモって裏1、4000オールで何とオーラスにコバゴーが逆転、トップに立ちます!
本当に何でもできますねコバゴーは。

続く1本場もメンゼンテンパイでヤミテン、これをツモリ1300オール。
更に加点します。

最後は再度逆転を狙う松本が6巡目にリーチを打つも、最後までツモれず終了。
親ッパネからスタートした松本がコバゴーに逆転されて2着となりました。

とりあえず小林プロが見事でした。
メンゼンからの高打点あり、鳴いて1000点で流したり、リーチを蹴ったり。
本当に自由自在です。
この戦い方がハマればめっちゃ強いですね。
決勝まで楽勝に残りそう!

昨年調子が悪かった内川プロ、厳しいスタートとなりました。
しかしまだ始まったばっかり。
萩原聖人もオーラスでラス回避をしたので、調子を上げていってほしいですね。
ここから面白い戦いになることは間違いありません!