RTDリーグ2018BLACK DIVISIONの見どころは?

スポンサーリンク


先日、ついに開幕した最高峰の長期リーグ戦『RTDリーグ2018』

まずは先立ってWHITE DIVISIONからスタートしました。

攻撃型の打ち手が集まるホワイトは、開幕戦からいきなり凄い打ち合いとなりました。

1回戦の壮絶な打ち合いを制したのは鈴木たろうプロ。

2回戦は頭脳派雀士勝又健志プロが先勝しました。

対するブラックは、比較的バランス型の打ち手が揃っています。

今回は、完全に僕の主観ですが、ブラックの見どころについてみていきます。

BLACK DIVISION注目雀士


やはりブラックで注目の筆頭はこの人、初出場の萩原聖人ではないでしょうか。

唯一のアマチュアでの出場となりますが、その雀力はプロ級で、これまでプロを相手にものすごい成績を残しています。


「トッププレイヤーたちが集まる長期リーグで戦うことは長年の夢だった」としており、RTDリーグはこれまでほとんど見ているそうです。

その中で、「いつか呼ばれたらいいな」と感じていて、ついにその夢が今年叶ったんですね。

以前の記事でも紹介しましたが、相当の覚悟を持って戦いに挑みます。
RTDリーグ2018開幕直前!初出場選手の麻雀に懸ける熱い思い



もう一人はこの人、多井隆晴プロ。

2016優勝し、ディフェンデングチャンピオンとして臨んだ2017はなんとブラックで予選敗退。

予選最終戦で気合の四暗刻をアガるも、猿川プロに及ばず敗退となってしまいました。
最速最強・多井隆晴の四暗刻炸裂!RTDリーグ2017予選最終戦

しかし、これまでのプロとしての実績は間違いなく最強。

最強と言われながら、対局中に漏れる変な声とか、やっちまった的な表情がとても人間っぽくて大好きです。

解説も常におちゃらけており、面白い!

今年はまた決勝のステージに立つのではないでしょうか。



お次はこの方、2017のファイナリスト、小林剛プロ。

2017はホワイトをトップ通過、そのまま決勝まで進みました。

小林プロは多井プロと対照的に、まったくの無表情。

麻雀サイボーグとか、ロボットとか言われています。

オカルト要素を全て排除し、常に最適な打牌を繰り返す打ち手。

普通鳴かないような場面でも躊躇なく鳴き、相手の高打点をサッと流す打ち方は本当に凄い。

裏目っても一切気にしないようです。

逆になんで気にするの?って自分でも言っていました。
麻雀サイボーグ小林剛は何でもできる!これがスーパーデジタルだ!
何が起きても動じないそのメンタルで、目指せ優勝!



最後はこの人、白鳥翔プロ。

この人も2017ファイナリストです。

予選はダントツの寿人プロに次いで2位通過、準決勝でも持ち前の勝負強さを発揮して決勝までいき、決勝は惜しくも2位。

若手ですが、その雀力は超一流で、実力と人気が急上昇のプロ雀士です。

バランス型な感じもしますが、けっこう攻めるべき場面はガッツリ攻める印象が強いです。

ファッションも毎回奇抜で、よくみんなにいじられています。

対局も注目ですが、ファッションにも注目してみましょう!
人気急上昇中の白鳥翔プロ!若手のホープと言われるその実力は?

まとめ

全員注目すべき雀士ですが、特に注目している雀士を紹介してみました。

とにかく全員めっちゃ強いので、誰が勝つのか本当にわかりません。

そして初出場で最年少の松本吉弘プロはどこまで戦えるのか、そこも注目しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする