激しい順位変動!RTDリーグ2018セミファイナル(準決勝)2日目

スポンサーリンク


RTDリーグ2018準決勝2日目が始まりました。

今回6回戦から10回戦の5半荘が行われ、準決勝の半分が終わることになります。

そろそろそれぞれの条件を意識しながらの闘いになりそうですね。

まずは初日終了時点のポイントから。


上位4名が決勝進出。

首位と2位は相変わらずたろうプロと小林プロ、3位~5位までが団子、ただひとりマイナスの猿川プロもボーダー付近が全然見える位置。


初日はたろうプロがポイントを伸ばし、寿人プロが90ポイントも失う厳しい結果に。

寿人プロは予選序盤はめちゃくちゃ調子が良かったのですが、後半の失速と準決勝初日の不調が気になりますね。

選手は厳しい闘いとなりますが、今日の解説陣もすごかった。

特にすごかったのが、入れ替え戦に回ることになった平賀プロ。

放送開始早々から舌不調(逆に舌好調!?)でした!

今回の見どころはどこかという質問に対し、「このセミファイナルの一番のキーパーソンは猿川プロ。テーマは、猿川真寿withスーパーモンキーズだと思っているんですよね。」と謎の発言!

若干リアルにキレている村上プロ!

いきなりすべりまくり!

「ひとりマイナスの猿川プロと、マイナスが近い寿人プロ、内川プロがそれに巻き込まれてマイナスになったら、猿川プロと同じように攻めなくてはならなくなる。だからその二人がスーパーモンキーズ。」という意味らしいです。

わかりづらすぎる!

ちなみに猿川プロはスーパーモンキーズじゃないそうです。

あくまで、猿川真寿withスーパーモンキーズです。

いきなりやばいムードで対局開始となりました。

いじられた猿川プロはいたって真面目。

スーパーモンキーズのひとりも真面目。

6回戦結果

6回戦はこちらの4名。

6回戦では珍しくハネ満を放銃する小林プロが見れました。

ドラポンしているたろうプロへの放銃。

あとから九索:麻雀王国四筒:麻雀王国が出てきたので、ホンイツではないと読んで打ったようです。

ロボがハネ満放銃したのは今シーズンあったかな。

猿川プロも調子がよく、トップスタートとなりそうでしたが…

オーラストップ目からラス親の寿人プロへ満貫放銃。

たろうプロへ5200は5500を放銃してラス転落でフィニッシュ。

勝ちきれませんね。

寿人プロが逃げ切って終了。

前回90ポイントマイナスしたので、取り返したい2日目は好スタートの寿人プロ。

明暗が分かれた猿川真寿withスーパーモンキーズ。

首位も入れ替わりました。

7回戦結果

7回戦はこちらの4名。

一日ワントップを目指す勝又プロが…

ラスから2連続一発ツモを決めて一気にトップへ。宣言通り、トップを獲得。

頭脳派雀士、初の決勝進出に向けて上位2名へ追いつきたいところ。

ここは順位に変動はありません。

スポンサーリンク

8回戦結果

決勝進出ボーダーの瀬戸熊プロと差を詰めたい内川プロ、猿川プロ。

スーパーモンキーマジックが炸裂します。

トップ目に立っていた親の猿川、ラス1の四萬:麻雀王国をツモって内川プロとのリーチ合戦を制します!

その後たろうプロとのリーチ合戦も制して連続親マンツモ!

気づけば60000点オーバーの大トップ!
意地を見せ、マイナス域脱出まであと少し!

内川プロを抜いて7位浮上!

9回戦結果

最下位に転落した内川プロが、先制リーチの白鳥プロから一発で仕留めます!

18300を直撃
放銃の瞬間厳しい表情をする白鳥プロ。

RTDはロンの声や点数申告も聞こえるし、そしてこういうプロたちの表情まで見ることができて、本当に面白いですね。

臨場感が伝わってきます。

前日十段位を獲得した内川プロが突っ走るかと思われましたが、ゼウスがそうはさせません。

高目をツモって6000オールで一撃で捲ります。

その後も加点を続けたゼウスが60000点オーバーの大トップ!

小林プロは、今シーズン初の箱下!

箱下でもこの笑顔。

解説の村上プロは、「僕は何回飛んだか分からない」と言って笑いを誘います。

再びたろうプロが首位に立ちます!

10回戦結果

2日目最終半荘の10回戦。

連盟Aリーガー対決となりました。

ここも大逆転のモンキーマジックが炸裂!

まずは親の寿人プロが裏ドラを4枚乗せて6000オール!

今日は寿人デーか!?

3着の猿川プロがドラポンで、勝又プロから仕留めて反撃開始。

そうはさせまいと寿人プロ、ヤミテンでチートイドラドラをツモってリードを広げます。

しかし、ここはドラマ!

トップ目寿人プロとのリーチ合戦を、何とハイテイで寿人プロから直撃で裏ドラを乗せ、跳満!

一気にトップ!

ここも満貫をツモって勝負あり。

2日目初戦はオーラスでラス転落となった猿川プロですが、その後2トップで白鳥プロを抜いて6位浮上!

完全に決勝進出ボーダーを捉えています。

上位陣は、たろうプロは大丈夫そうですが、小林プロは少しコケたらちょっと危なそうですね。

3日目は10月6日(土)15:00~です。

楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする