プロ雀士はどうやって収入を得ているの?【プロ雀士の生活】

スポンサーリンク

日本国内には麻雀プロ団体は多数あります。

・日本プロ麻雀協会
・日本プロ麻雀連盟
・最高位戦日本プロ麻雀協会
・麻将連合μ
・101競技連盟
・RMU(リアルマージャンユニット)

どの団体もプロ団体と名乗っており、所属するプロ雀士も多数います。

麻雀は運の要素が大きいゲームだからプロは存在するのかとか、ダークな世界というイメージもまだ払拭しきれてはいないのは事実ですが、麻雀プロという肩書を名乗り、一生懸命麻雀のイメージを良くしようとしているプロ雀士がたくさんいます。

プロ雀士の給料は?

基本的に各プロ団体に所属するプロ雀士たちは、団体からの給料というものはありません。

逆に、団体に対して年会費を支払っている場合がほとんどです。

各団体のプロテストを受験し、合格すればプロ雀士として認められるわけですが、プロ雀士としての給料をもらえるわけではないのです。

有名で人気のあるプロ雀士はほんの一握りであり、ほとんどのプロ雀士はプロ雀士としての収入のみでは生活できないのです。

スポンサーリンク

ではどうやって生活しているのか?

よく比較されますが、将棋の世界だと対局料で億単位の収入を得る棋士も存在し、プロ棋士としての収入と言えるでしょう。

しかし麻雀の世界はどうでしょうか。

麻雀の世界だと、基本的に対局料のみで生計を成り立たせることは不可能です。

このため、対局のほかで収入を得ています。

・テレビ対局、雀荘ゲスト、本の執筆
有名プロ雀士は、有名になるとテレビ対局、全国の雀荘からのゲストオファー、麻雀戦術本の執筆料等の収入により生活が成り立ちます。

しかし、そんなプロ雀士は一握りなんですね。

ちなみにそんな一流のプロ雀士になると、年収1,000万円位はいくようで、もっと稼いでいる一流プロもいるようです。

多くのプロ雀士はほかに仕事を持っている場合がほとんどです。

・サラリーマン雀士
平日はサラリーマンとして働き、週末はプロ雀士として各団体の公式戦で対局をします。

このパターンのプロが一番多いです。

・雀荘勤務
よく雀荘のキャストにプロ雀士がいますよね。

彼らも普通に雀荘でキャストとして働き、公式戦にも出場するというスタイルでプロ雀士として活動しています。

まさに麻雀漬けですね。うらやましいです。

・雀荘経営をする
自分で雀荘を立ち上げているプロ雀士も多いです。

しかし雀荘経営は現在は生き残るのが大変厳しいと言われており、プロとしてある程度知名度がなければやっていけないのではないでしょうか。

麻雀プロリーグ『Mリーグ』がプロの世界を変える

これまでのプロ雀士は、野球やサッカーのようにプレイヤーとして収入を得ることができないと述べてきました。

しかし、今後はMリーグ発足によって大きく変わります。

麻雀がいよいよスポーツ化へ!麻雀プロリーグ「Mリーグ」発足!

麻雀界で初めて、プロとして年俸をもらうことができるのです!

Mリーグの最低保証年俸は400万円!

プロ野球の最低年俸は440万円ということなので、このMリーグの発展によってプロ雀士という職業が夢のある職業へ変わることは間違いありません。

麻雀を愛する僕としては、うれしいですね。

今後のMリーグと麻雀界の発展を見守りたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする