ムダヅモ無き改革プリンセスオブジパング第6話【ハコ様に強力なライバル出現!?】

スポンサーリンク


2017年12月1日発売の近代麻雀に掲載されたムダヅモ無き改革プリンセスオブジパング第6話をチラっとお見せします。

前回、ついに覚醒したハコ様が必殺技を出します。

絶対絶命のピンチから這い上がるハコ様。

そしてトランプとの対決もついにクライマックスを迎えました。

ハコ様が持つ本当の力とはどのようなものだったのでしょうか。

ついに決着!トランプ大統領との死闘

ついに覚醒したハコ様。

なんとあの小泉ジュンイチロウの必殺技である「国士無双十三面(ライジングサン)」を放ちます。

最強の必殺技を正面から受けるトランプ。

これまで実力の差を見せつけていたトランプが、ついに吹っ飛びます。

勝負に勝ったハコ様。

友達も心から喜んでいます。

しかし、ハコ様はまだ実感がない様子。

しかし、トランプはまだ立ち上がろうとしています!

行こうとするハコ様を引き留めるトランプ。

まだ勝負は終わっていないということなのでしょうか!?

どうやら、トランプ大統領の真の敵はハコ様(御門)ではなく、別の誰かなのです。

いったい誰が敵なのでしょうか。

トランプの真の目的は何なのでしょうか。

ハコ様がめちゃくちゃ麻雀が強いことを知った友達から、麻雀のインターハイに出場することを勧められるハコ様。

世界を相手にするチャンスが巡ってきます。

そしてこの女性の正体はいったい誰なのでしょうか。
次回に続きます。

まとめ

ついにトランプ大統領との勝負が終わりました。

次はインターハイでの麻雀バトルが始まるようです。

トランプの真の敵とは一体誰なのでしょうか。

そして、ハコ様の強力なライバルの正体は?

気になる方はぜひ、近代麻雀を読んでみてください。