前原雄大が放銃しまくりアガリまくり!大和証券Mリーグ2018【10/15】

スポンサーリンク


大和証券Mリーグ2018も3週目に突入。

今日は上位3チームと、最下位のコナミ麻雀格闘倶楽部の対戦。

コナミ麻雀格闘倶楽部としては、この上位陣との対戦で少しでも差を詰めておきたい。

そこに送り出されたのは、地獄の門番・前原雄大選手。

どのような闘いとなったのでしょうか。

※以下敬称略

第1試合 前原雄大の超攻撃麻雀炸裂!

第1試合は起家からドリブンズ村上、麻雀格闘倶楽部前原、アベマズ松本、パイレーツ小林の4名。

アベマズの松本は、最近小林との相性がいいこともあり、ロボキラーと呼ばれていますが今夜はどうなるか!

しかし今夜の主役は前原。

親の前原、メンホンチートイツをテンパイし、ダマテンを選択。

これを小林から討ち取ってまずは12000出アガり。

やはり攻撃力は天下一品!

続く1本場、このリーチを一発でツモって6000は6100オール!

前回箱下のラスを食らった地獄の門番が、今夜はダントツトップへまっしぐら!

のはずが…

このテンパイから、村上の当たり牌を掴みます。

当然ここは止まるわけもありません。

これが村上への跳満放銃となってしまいます。

でもまだ40000点以上あります!

小林のリーチに対してここも攻める前原でしたが、小林に軍配。

またもや前原の放銃となってしまいます。

なんと裏ドラが3枚乗り、一気に跳満へ!

小林への12000の放銃となり、前原は30000点を割ってしまいます。

全員平たい展開へ。

しかし今日の前原は違います。

先制リーチを受けますが、これをヤミテンでツモって2000・4000。

再びトップへ。

このリーチは凄かった!

出アガリ高目12000で、しっかり高目をツモって裏ドラを1枚乗せて4000・8000ツモ!

どんだけ高打点続くの!

攻撃力ハンパない!

親番では村上からメンピンドラドラの12000を出アガリ更に加点!

オーラスも小林から8000をアガって最後までアガリ続けた前原がダントツトップ!

放銃しても、それ以上にアガればいいんです。

あれだけ放銃して70000点オーバーのトップはやばいですね。

ようやく持ち前の攻撃力が発揮されました。

やはり鳳凰位は強い!

RTD出場組を蹴散らしました。

スポンサーリンク

第2試合 前原連戦!久々登場園田賢との一騎打ち!

第2試合は、起家からアベマズ白鳥、パイレーツ石橋、ドリブンズ園田、麻雀格闘倶楽部前原の4名。

園田は久々の登場となり、前原は連戦となります。

現状個人首位の白鳥が、ゴジラを止められるのか!

まずは石橋の技ありリーチから。

三色ドラドラで大チャンスの石橋ですが、なんと三色には受けずにカン七索:麻雀王国でリーチ!

これ五索赤:麻雀王国とかツモったら激痛ですよね!

絶対このリーチは打てないです。

しかしこのリーチに、こちらも勝負手の園田が一発で放銃!

この満貫は本当見事!

技ありの一打ですね。

前原のリーチ攻勢を受けながらも、園田が白・三暗刻・トイトイ・ドラ3の8000オールをツモ!

このアガリはすごい!

しかしそこへ立ちはだかったのは勢いに乗る前原。

白鳥のリーチをかいくぐってまずは石橋から5800を討ち取ります。

ここも見事なアガリ。

一旦はドラタンキに受けますが、ノベタンへ変化。

これをトップ目の園田から討ち取って7700。

一撃で逆転して前原がトップへ。

南3局、残り親番もなく僅差のラスの白鳥が、ノーテン罰符を取りにテンパイに向かい、はだかタンキに。

その際に、いったんは止めた親の園田の当たり牌八筒:麻雀王国を打ち出してしまいます…

この局面で園田が親満をモノにして前原を猛追!

そしてこのヤミテンチートイツを前原から直撃に成功!

そのまま逃げ切った園田選手がトップでゴール!

8000オールをツモるも前原選手に逆転されたときは、そのまま前原選手の勢いに飲まれるかと思われましたが、再逆転をしてトップとなりました。

しかし前原も今日は2試合闘ってトップ・2着でプラス。

アベマズとパイレーツは若干ポイントを減らしました。


パイレーツがワンランクダウン。

プラスはアベマズとドリブンズのみという状況。

しかし前原選手の勢いがすごいですね。

不調の寿人選手も、この勢いに乗って復活してほしい!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする