滝沢和典また役満テンパイ!アベマズは脅威のトップ率!大和証券Mリーグ2018【10/12】

スポンサーリンク


開幕から熱いバトルが繰り広げられている大和証券Mリーグ2018は2週目最終日。

ここまで厳しい展開のコナミ麻雀格闘倶楽部と、絶好調でダントツ首位の渋谷アベマズがぶつかります。

EX風林火山は滝沢和典選手が出場。

ユーネクストパイレーツは現在3位。

首位のアベマズと2位の赤坂ドリブンズに若干離されてはいますが、まだプラスをキープしており、そろそろポイントを稼ぎたいところ。

注目の第1試合が始まります。

※以下敬称略

第1試合 滝沢和典がまた役満テンパイ!

第1試合は起家から麻雀格闘倶楽部前原、アベマズ白鳥、パイレーツ朝倉、風林火山滝沢の4名。

滝沢は前回役満の大三元をテンパイするもアガれず、悔しいラススタートとなり、自身2半荘目で気合が入ります。

その滝沢はリーチ棒2本供託の場面で前原から3900は4200を出アガります。

しかし親の朝倉がこのリーチをツモって裏ドラが乗り、4000オールのツモアガリで朝倉がトップに立ちます。

続く1本場、滝沢に大チャンスが!

開幕戦で大三元をテンパイするも惜しくもアガることができなかった滝沢ですが、今回も四暗刻が見えるイーシャンテンとなります!

この時点で一萬:麻雀王国九筒:麻雀王国が1枚残っており、八索:麻雀王国は山になし(河に1枚切れ、朝倉が1枚持っている)。

すると親の朝倉がすでにテンパイを入れます。

見事一萬:麻雀王国を引き入れてツモスーテンパイ!

ドラをぶった切ってリーチに行きます!

その宣言牌を前原がポン!

こりゃ前原との一騎打ちか!

親の朝倉はここで撤退。

前原超勝負手!

ついになんとかテンパイし、アガリ易さから現物の六索:麻雀王国を打たずに七索:麻雀王国を打ってリャンメンテンパイに受けます。

しかし互いに当たり牌を掴むことはなく…

ハイテイ牌はこちら。

滝沢、今回の役満も残念ながらテンパイ止まり。

少し残念そうな滝沢の表情。

しかし見せ場を作ってくれますね!

南2局、ここまでラスの前原が先制リーチ!

リーチまではいくのですが、アガりに結びつかないのが今日の前原。

ピンフでテンパイしてヤミテンにしていた滝沢ですが、前原のリーチを受け、前原のスジの三索:麻雀王国を打って追っかけリーチ!

そしてこれを前原が掴んで滝沢の勝利。

ここでの満貫はかなり大きい!

トップの朝倉に迫ります。

前原が意地を見せて1300・2600をツモ。

このツモでトップの朝倉と2着の滝沢の順位が逆転!

トップの滝沢とは7700点差の3着の白鳥がリーチ!

これをツモればなんと100点差で滝沢をかわしてトップになります!

滝沢も勝負!

白鳥がツモった時点で3着落ちとなるため、南:麻雀王国をポンしてテンパイ。

これを白鳥が掴んで滝沢が2900+リーチ棒1000点をゲット!

最後は前原がアガって終了。

滝沢選手が2半荘目にして自身初トップ!

と同時にチーム初トップでもあります!

ラスは麻雀格闘倶楽部前原選手。

麻雀格闘倶楽部は寿人選手同様不運な結果が続いています。

巻き返しできるでしょうか!

スポンサーリンク

第2試合 松本吉弘が逆転からの大勝利!アベマズ強し!

第2試合は起家からアベマズ松本、風林火山滝沢、パイレーツ小林、麻雀格闘倶楽部前原。

滝沢と前原が連戦となります。

東1局からアベマズ松本が絶好調!

チームの勢いそのままに、1000オール、1300は1400オール、2600は2800オールといきなり3連続アガりを見せ、トップに立ちます。

東2局4本場になり、前原がカンチャンを埋めて気持ちいいリーチ!

これはぜひともアガりたい!

下家の松本が直後にテンパイし、すぐさま追っかけ!

これは前原が負ける流れなのか…

そして小林もテンパイしてリーチ!

待ちはペン三索:麻雀王国で不安だが…

小林の下家に座る前原が一発で三索:麻雀王国を掴んでしまいます!

こんなことある!?

でも、けっこうあるかも!

リーチ・一発・赤で5200は6400の放銃となります。

前原の不運はこれに終わりません…

次局、高目三色をテンパイして先制リーチの前原。

ここらで一発アガりたいところでしたが、またしても小林が立ちはだかります。

親の小林がテンパイして追っかけリーチ!

またしても小林の下家の前原が一発で掴みます…

こんなことある!?

さすがに2局連続はそんなにないでしょう!

裏ドラが1枚乗り、メンタンピン一発赤ウラで18000の放銃。

前原は寿人棒(黒棒)が出ます…

これも前原から小林へ12000の放銃。

前原きつすぎる…

このまま小林が突き抜けるかと思われましたが…

序盤好調だった松本が満貫を仕留めます。

前原から…

松本も前原を踏み台にして小林を追いかけます。

ヤミテンから空切りリーチを打つ小林。

さらに加点したい!

ドラ雀頭でテンパイする親の松本、追っかけリーチ!

トップ目の小林がこれを掴み、松本へ放銃。

これが裏ドラ3枚となり、メンタンピンイーペーコードラ2ウラ3で親の倍満炸裂!

24000直撃!

松本が一気にトップ目へ浮上!

この場面の親倍はすごい!

小林が松本へ放銃。

これで勝負あり。

前原も意地の満貫を滝沢からアガりますが、少し遅かったか。

70000を超えて大トップの松本選手。

強かったですね。

アベマズはマジで強いですね。

これで3人全員2勝目、チーム10半荘でトップ6回!

トップ率は脅威の60%となってます!

チームポイントも400を超えダントツ首位!

さらにポイントを増やして2週目が終了となりました。

最高の形で今週の闘いを終えた渋谷アベマズ。

一方のコナミ麻雀格闘倶楽部は絶不調。

まだ序盤とはいえ、トップとの差は700ポイント以上開いてしまいました。

しかし、このチームの攻撃力はハンパじゃないはずなので、必ず浮上してくれると信じています。

頑張れ、コナミ麻雀格闘倶楽部!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする