最後の初出場選手近藤誠一が貫禄を見せ連勝!大和証券Mリーグ2018【10/11】

スポンサーリンク


大和証券Mリーグ2018、本日は赤坂ドリブンズ、EX風林火山、セガサミーフェニックス、チーム雷電の闘い。

セガサミーフェニックスの近藤誠一選手が初出場となりました。

開幕から11日経って初出場となり、これまでの盛り上がりを見ていて、うずうずしていたところでしょう。

ようやく解き放たれます!

チームもここまで厳しい闘いとなっているので、チームの大黒柱として、ポイントを稼ぎたいところ。

2位の赤坂ドリブンズは、首位の渋谷アベマズにけっこう点差をつけられているので、この日試合のないアベマズに少しでも近づき、追い抜きたい。

※以下敬称略

第1試合 初出場となった近藤が圧勝!

第1試合は起家からドリブンズ村上、風林火山勝又、フェニックス近藤、雷電黒沢。

村上の先制リーチを受けますが、親番の近藤が追っかけリーチに出て、これを一発で村上から討ち取って親満!

親満を打ってしまった村上ですが、きっちり満貫をツモって復活します!

南入し、近藤の染め手が炸裂!

ホンイツ・トイトイ・西・赤で跳満!

黒沢が放銃しました。

プロの技が見えた場面はこちら。

村上のファインプレーが出ます。

持ち点50000点を超えて迎えた近藤の親番。

待ちは一索:麻雀王国四索:麻雀王国ですがタンヤオ仕掛けのため一索:麻雀王国ではアガれません。

そこへドラを暗刻にして待ち変え、二索:麻雀王国タンキを選択。

四筒:麻雀王国七筒:麻雀王国でテンパイする村上。

四筒:麻雀王国は3枚切られており、七筒:麻雀王国は近藤が複数枚持っていることを読んだのか、ここはリーチに行かずにヤミテンを選択。

次巡に近藤の当たり牌を掴み、これをビッタリと止めました!

リーチに行っていれば当然放銃となっており、素晴らしい放銃回避です。

この局は流局となり、近藤の大物手は実らず。

さすが村上です。

最後は黒沢が村上に6400を放銃してラスへ転落して終了。

初出場の近藤の攻めが随所に決まり、チームの危機を救いました。

頼れるチームの大黒柱!

スポンサーリンク

第2試合 近藤が連戦!連勝なるか、立ちはだかるのは美人雀士亜樹!

第2試合は起家からドリブンズたろう、風林火山亜樹、フェニックス近藤、雷電萩原。

気持ちよく初登場でトップを取った近藤が連戦となり、ぜひとも連勝したい。

立ちはだかるのは人気美人雀士の亜樹。

東1局、近藤がリャンメン変化をしたところで気持ちよく先制リーチ!

さっきの勢いそのままかと思われましたが…

亜樹が追っかけリーチ、それを一発でツモって裏ドラ枚乗せ、リーチ・一発・ツモ・タンヤオ・赤・ウラで3000・6000!

相変わらずの高打点をアガる亜樹!

たろうが赤を切ってリーチ!

シャンポン待ちですが、片割れの五索:麻雀王国がすでに2枚切れ!

親番の亜樹が直後にチートイツドラドラをテンパイし、ヤミテンとしました。

近藤も亜樹の当たり牌を押さえ、テンパイとなります。

どうなるのか!

ここは亜樹に軍配!

4000オールとなり、亜樹が50000点を超えて独走態勢に!

しかし、この日は近藤デーです。

まずはドラ雀頭のこの手をたろうから出アガり、7700。

続く1本場、トップ目の亜樹から4800は5100の出アガり。

何気にこの直撃は大きい。

しかし亜樹も負けてはいません。

タンヤオピンフをヤミテンにして、2000は2600を近藤から直撃。

南入し、近藤がまたまた大物手を炸裂!

高目を一発でツモってメンタンピン一発ツモ三色で3000・6000!

トップ目の亜樹と一気に差を詰めます!

そして圧巻はこの場面。

たろうから高目倍満のド高いリーチが飛んできます。

親番の近藤、バラバラな配牌からホンロウチートイツのテンパイにこぎつけました!

亜樹も勝負手。

しかし近藤の当たり牌を掴んでそのまま止めることはできずツモ切り。

9600をトップ目の亜樹から直取りして逆転!

強いです!

オーラス、ここまで見せ場のなかった萩原が最後の親番で6000オールツモ!

一気に展開が分からなくなるかと思われましたが、最後はたろうがチートイツドラドラをツモって終了。

近藤が2連勝!

ここまで不調の萩原が最後なんとか2着へ浮上。

亜樹も前半のリードを守れず、3着。

好調ドリブンズのたろうは箱下のラスとなりました。

ドリブンズはポイントを落とし、試合のなかったアベマズとは差を広げられる形に。

しかし、近藤選手強かったですね!

魚谷選手と茅森選手がいまいち結果が出ていなかっただけに、この連勝は大きいでしょう。

これから大混戦になっていくのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする