白鳥翔・多井隆晴絶好調!大和証券Mリーグ2018【10/9】

スポンサーリンク


今回は開幕戦以来のセガサミーフェニックスが登場。

不調のコナミ麻雀格闘倶楽部は、前回の前原選手のトップでチームに勢いづいてきたところでしょうか。

絶好調のアベマズは、試合のないドリブンズを抜いて首位を目指します。

※以下敬称略

第1試合 白鳥翔が安定の打ち回し!

起家からパイレーツ石橋、麻雀格闘倶楽部前原、アベマズ白鳥、フェニックス茅森の4名。

前日トップを取った前原と好調白鳥がぶつかります。

フェニックス茅森も開幕戦第2試合以来の出場。

まずは東1局、前日の勢いそのままに前原が先制リーチ、これをツモって裏ドラ1枚。

2000・4000ツモからスタート。

石橋もこのキレイな手をしっかりとツモって2000・4000。

前原に満貫親っかぶり返し!

親の白鳥がダブ東、赤をツモって2000は2200オール。

供託泥棒白鳥翔が点棒を増やし始めます。

勢いに乗ってきた白鳥、続く3本場もリーチ・赤・ウラ1で7700は8600を、テンパイしていた石橋から討ち取ります!

強い!

これは茅森の技あり一発ツモの場面。

石橋のトイトイ仕掛けに対し、茅森はテンパイをしていたところに白:麻雀王国をいったん止めます。

前原が白:麻雀王国を打ち出した直後に、止めた白:麻雀王国を重ねてリーチ!

それを一発でツモ!

2400・4400をツモって独走態勢の白鳥の親番を流すことに成功。

これは見事なアガりでしたね!
しかし白鳥の出来はいいです。

南入して早々満貫をツモって加点!

やられてもやり返す白鳥、絶好調!

その後も加点を続けた白鳥がダントツトップで終了。

前原はギリギリ100点差で2着を守りました。

茅森は開幕第2戦の3着に続き、今回はラス。

ポイントを増やせませんでした。

アベマズがこの時点でドリブンズを抜いて首位へ!

スポンサーリンク

第2試合 リーダー多井隆晴がMリーグ記録6連続アガリを見せる!

第2試合は起家からアベマズ多井、フェニックス茅森、麻雀格闘倶楽部寿人、パイレーツ朝倉。

寿人はここまで個人ランキングでも最下位となり、ここらへんで浮上のきっかけを掴みたいが、どうなるか。

まずは親番の多井がさっそく2600オールをツモアガってスタート。

アベマズは本当に好調!

東3局、先制リーチ茅森、そして追っかけた親の寿人から多井がヤミテンで満貫を討ち取ります。

ドラポンの多井、このシャンポン待ちを朝倉から出アガリ。

またまた満貫で南入。

その後親で4回アガってダントツトップに立ちます!
朝倉がこれをヤミテンにして多井から直撃。

打った直後の多井。

ビビりながらも朝倉の手牌を確認します。

5200は6400で多井の親が流れます。

ここから朝倉の逆襲が。

ラス親の朝倉が4000オールをツモって連荘!

多井、トップを守れるのか!

最後は茅森が朝倉から出アガりで終了。

なんとか多井がトップを守りました!

アベマズ強い!

試合終了後のこの顔!

多井選手のニヤケ顔が止まりません!

アベマズが2勝でポイントを340ポイントにして試合のなかったドリブンズを大きく引き離して首位!

このままアベマズが駆け抜けるのでしょうか。

しかし寿人選手、マジできつい展開が続きますね。

テンパイしても最後に放銃するという展開が多すぎます。

頑張れ麻雀格闘倶楽部、寿人選手!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする