高宮まりが誕生日に初トップ!大和証券Mリーグ2018【11/8】

スポンサーリンク

大和証券Mリーグ2018の23日目の闘いの模様をお伝えします。

この日は未だトップがない高宮まり選手の誕生日。

30歳になったようですね。

バースデートップを取ることができるのか、注目が集まります!

髪型をバッチリキメて登場!

可愛すぎる!

これは高宮選手をを全力応援しましょう!

※以下敬称略

第1試合 バースデー高宮に天才茅森が立ちはだかる!

第1試合は起家から雷電瀬戸熊、ドリブンズ村上、麻雀格闘倶楽部高宮、フェニックス茅森の4名。

おじさん2名と女流2名の面白い対戦カード。

まずはテンパイ連荘をした瀬戸熊が、先制リーチのバースデー高宮から容赦なく出アガり。

しかも裏ドラが2枚乗り、12000は12300。

高宮はいきなりつらいスタートとなります。

しかし高宮もこのリーチを村上からアガり、裏ドラが2枚!

5200で少し点棒復活!

そして親番で最高のツモ!

リーチ・一発・ツモ・ドラ・赤・ウラで6000オール!

2着へ浮上します!

それでもクールな表情は崩さない高宮。

アップがたまらなく可愛いですね。

瀬戸熊のリーチをかいくぐり、白・ホンイツの1300・2600をアガってついに瀬戸熊を捲ってトップに立ちます!

しかし今度はラスの村上も意地を見せ、4000オールで反撃開始!

続く1本場、村上がこのリーチをツモ、しかも裏ドラが3枚!

6000は6100オールで一気にトップへ!

親マン・親っパネを連続で決める勝負強さを見せます。

オーラス、ダンラスの親番茅森が5巡目にチートイツドラドラ赤でリーチ。

出アガり18000からのリーチで、しかもスジひっかけとなっており、これにトップ目村上が放銃!

裏ドラが2枚乗って24000の親倍満!

土壇場で茅森がトップに立ちます。

凄い試合ですね。

最後は先ほど親倍を打ってしまった村上がメンタンピン赤ドラウラの12000は12300を出アガり。

しぶとい!

しかも打ったのは…

バースデーの高宮!

この打ち込みで2着からラスへ転落。

オーラス親倍をアガった茅森がトップ、親倍を打った村上が逆転2着で終了。

高宮は痛すぎる逆転ラス。

バースデー初戦を飾ることができませんでした。

チーム的にも厳しいラスとなりました。

スポンサーリンク

第2試合 連戦の高宮、今度こそトップが取れるか!

第2試合は起家からドリブンズたろう、フェニックス茅森、雷電萩原、麻雀格闘倶楽部高宮の4名。

高宮、初戦ラスを取り、ここは挽回したい。

祈りが通じたのか、いきなり跳満をゲット!

萩原の三色確定のリーチ宣言牌を討ち取り、メンピン赤ドラ、そしてウラ2!

好スタートを切ります。

茅森もこのカンチャンをツモって4000オールで反撃。

萩原もまた反撃。

トイトイ・北・赤をトップ目高宮から出アガり。

高宮はまたもやトップが危うくなってきました。

ここまで絶不調のたろうがツモり四暗刻テンパイ!

残り1枚八索:麻雀王国が山にいてドキドキしましたが、萩原に流れてここは残念ながら流局。

Mリーグ2発目の役満は出ず!

トップが欲しい高宮はなんとかこのリーチをツモり、裏ドラ1枚。

1000・2000をアガって食らいつきます。

2着でオーラスを迎えますが、この後ラッキーな展開に!

オーラスのたろうのリーチに対し、トップ目の茅森が放銃、8000!

この放銃で高宮が逆転トップ!

ラッキーな形で高宮選手がうれしい初トップとなりました!

たろう選手は本当に不調ですね。

ここ最近本当にいいところがありません。

なんとかラスを免れたという感じ。

そして個人トータル最下位の萩原選手がまたもやラスという厳しい展開になりました。

フェニックスがドリブンズを抜いて4位に浮上。

コナミ麻雀格闘倶楽部は高宮の連戦で若干マイナスを減らすも、まだまだダントツ最下位に変わりはありません。

30歳になった高宮選手が、チームを救うことができるか!

今後も目が離せません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする