攻めダルマ寿人が元気にトップラス!大和証券Mリーグ2018【10/29】

スポンサーリンク


今週も始まりました、大和証券Mリーグ2018。

仕事帰りや夕食の時間に、そろそろ定着してきた頃でしょうか。

今日の試合の注目は、先週ついに覚醒した佐々木寿人選手。

Mリーグ初役満を出し、そのまま2連勝。

これまでの不調を一気に吹っ飛ばす攻撃力はやはりさすがです。

今日はどんな試合になったのでしょうか。

※以下敬称略

第1試合 高打点が飛び交う乱打戦!

第1試合、起家からドリブンズ村上、パイレーツ石橋、フェニックス近藤、麻雀格闘倶楽部寿人の4名。

まず見せ場を作ったのは寿人。

五筒赤:麻雀王国ツモからの裏3!

いきなり4000・8000をツモって今日も寿人デーの予感!

今日勝てば絶不調からの3連勝となります!

しかし親の近藤が2600オールをツモり、寿人の独走に待ったをかけます。

村上と寿人のリーチ合戦に割って入ったのが石橋。

仕掛けてリーチの寿人から3900は4200とリーチ棒をかっさらいます。

ラスの村上も一発でツモって1300・2600となり、ひとり取り残されつつあった点棒が若干復活。

南入し、近藤が裏ドラを2枚乗せて満貫ツモ!

これでいつの間にかトップに躍り出ます!

厳しい展開が続く村上でしたが、会心のアガりが決まります!

メンタンピンツモドラ赤で、3000・6000!

このアガりで一気にトップへ浮上!

オーラス、親の寿人と近藤の仕掛けを受けながらもチートイツをテンパイし、ドラタンキに受けてリーチを打つ石橋。

ツモれば劇的逆転トップでしたが、寿人がこれを掴んで8000。

寿人はオーラスにラスに転落!

高目イッツーをアガればトップに立てる状況だっただけに、悔しい放銃となってしまいます。

村上が逃げ切って久々のトップ!

トップとしては最低点数となりましたが、ラスから跳満ツモは気持ちいいでしょうね!

4人全員が見せ場を作る場面があり、面白い試合でした。

スポンサーリンク

第2試合 またもやチートイツ対決!寿人VSコバゴー

第2試合は起家からドリブンズ園田、フェニックス近藤、麻雀格闘倶楽部寿人、パイレーツ小林の4名。

近藤と寿人が連戦となりました。

小林がいつも通り仕掛けます。

この仕掛けは高打点の仕掛け。

小林の仕掛けは安くて遠い仕掛けもありますが、このように速くて高い仕掛けもあります。

そして園田から討ち取り、8000。

自身の親番では近藤から高目を討ち取り、5800。

なんとここまで4連続アガりを見せる小林!

順調に点棒を稼ぎます。

東4局1本場、近藤が仕返し!

イッツー確定のペン七索:麻雀王国でリーチとし、これを一発ツモ!

裏ドラが1枚乗り、3100・6100となります!

これは強い!

南入し、まずは寿人が1000・2000をツモ。

これがきっかけとなります。

三色確定のピンフでリーチ!

五萬赤:麻雀王国をツモって3000・6000を決めます!

このアガりで3着からトップ目に立ちました。

親でチートイツのドラタンキ待ち。

これをツモればトップほぼ決まりという場面で、ラス1のドラをしっかりツモります。

6000オールで独走態勢に!

この、勝負にいくリーチをしっかりとツモるのが寿人の強さですね。

手がつけられなくなってきました。

これは小林の技ありチートイツ!

園田の跳満確定リーチを受け、タンヤオが消える南:麻雀王国待ちを選択、七索:麻雀王国切りで追っかけました。

これが見事に的中し、満貫ツモ!

勝負手を潰された園田も悔しい!

最後は寿人が自らアガって試合終了!

第1試合でオーラス逆転ラスを食らったときは、また落ちるのかと思いましたが、ここで大トップを取って本日プラス!

ポイントがだいぶ詰まってきてますね。

はやり赤入り麻雀でウマの大きいこのルールでは、多少のポイント差はすぐにひっくり返るようです。

コナミ麻雀格闘倶楽部もようやく波に乗ってきており、順位争いが面白くなってきました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする