多井隆晴個人でも首位独走!二階堂亜樹が初勝利!大和証券Mリーグ2018【10/19】

スポンサーリンク


大和証券Mリーグも開幕3週目の最終日を迎えました。

今日の闘いは、1位~4位の上位陣対決。

個人総合首位のアベマズ多井隆晴選手も第1試合に先発。

個人総合2位につけているフェニックス近藤誠一選手との直接対決。

2位以下のチームは、首位アベマズとの直接対決とあり、ここでポイントをつめておきたい。

対するアベマズは、ここで上位陣を叩いてさらに独走状態にしたいところ。

注目の対決です。

※以下敬称略

第1試合 多井隆晴は女流が苦手!?

第1試合は起家からアベマズ多井、風林火山亜樹、フェニックス魚谷、ドリブンズ村上の4名。

多井は以前から女流が苦手だということを公言しています。

女流相手だと勝率が半減するとのこと。

なぜだかわからないようです。

渋谷アベマズ公式ツイッター。

心配しています。

しかし、対局は多井がそんな心配を跳ね除けます!

東場は比較的点棒の動きが少ないまま南場へ。

親の多井が、苦手とされる亜樹から東・トイトイの7700をアガります。

穏やかだった東場とは違い、この局はすごかった。

それがこちら。

まずは多井が三色・赤の出アガり7700をテンパイ、ヤミテンに構えます。

これをアガれればトップはほぼ確実に。

そうはさせまいと、村上がタンヤオドラ1赤1の3900をテンパイ。

基本メンゼン派の村上ですが、赤入り麻雀ではけっこう仕掛ける場面が増えた印象。

亜樹も仕掛けてテンパイ。

すると…

なんと前日トップで勢いに乗る魚谷が四暗刻をテンパイ!

ドラの二索:麻雀王国は多井が1枚切り、村上の仕掛けに1枚使われているので山にはなし。

しかし中:麻雀王国は1枚切れで、山に1枚残っています!

しばらくドキドキした展開が続き終盤へ。

全員テンパイの行方は…

魚谷が亜樹の当たり牌を掴んでしまいます。

タンヤオ・赤の2000は2300のアガり。

魚谷の役満チャンス、惜しかった!

Mリーグが始まって以来、役満テンパイまではいきますが、最後アガりが出ませんね。

初役満は誰がアガるのでしょうか!

南3局、3着の村上がダブ南・白・赤の8000を2着の魚谷から討ち取り、村上が2着浮上。

オーラスを迎えます。

最後は多井が親リーチを打った村上からアガって終了。

多井強し!

総合首位でポイントをさらに伸ばしました!

しかも苦手と言われた女流相手にトップを取り、苦手意識はもはや過去のこと。

安定感抜群の打ち回しを見せてくれました。

スポンサーリンク

第2試合 二階堂亜樹が初トップ!

第2試合は起家からアベマズ松本、フェニックス近藤、風林火山亜樹、ドリブンズ園田。

風林火山亜樹は連戦となります。

まずはトイトイ職人の園田がトイトイを決めて先制。

園田も安定感があります。

仕掛けた後の手組が最高にうまい。

この試合の主役は亜樹。

トップの園田のリーチに対してしっかりと向かっていき、松本からタンピンドラ1赤2の満貫を出アガり。

これも近藤のリーチを受けますが、チートイツドラ2をリーチの近藤から直撃。

このまま亜樹が逃げ切り、亜樹個人としては初トップ!

女流として初トップを取った魚谷に続きました!

先日、箱下のラス親で大爆発した園田が今回もラス親という、少しフラッシュバックしてしまいそうな状況でしたが、なんとか逃げ切ることに成功。

EX風林火山としてはこれで勢いがついたでしょう!

EX風林火山がセガサミーフェニックスを抜いて3位に浮上!

首位アベマズは前日からのポイントをさらに増やすことに成功。

最下位のコナミ麻雀格闘倶楽部とは600ポイント以上開きましたね。

でもまだまだ4分の1も終わってないのでわかりません。

それでは次週の闘いを楽しみに待ちましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする