滝沢和典完全復活!瀬戸熊直樹は3時間の死闘を制す!大和証券Mリーグ2018【10/16】

スポンサーリンク


10月16日に行われた大和証券Mリーグ2018の模様をお伝えします。

好調の渋谷アベマズと赤坂ドリブンズを相手に、EX風林火山とチーム雷電が激突します。

特に渋谷アベマズが現在突き抜けており、他チームとしてはこれ以上アベマズを走らせるわけにはいかないでしょう。

アベマズとしては前回白鳥翔選手がチーム初のラスになり、ポイントを若干減らしたもののまだまだ余裕があるので、積極的に攻めてポイントを稼ぎたい。

それぞれの思惑がひしめく試合は、どのような闘いとなったのでしょうか。

※以下敬称略

第1試合 滝沢和典完全復活!

第1試合は起家から風林火山滝沢、ドリブンズたろう、アベマズ多井、雷電瀬戸熊の4名。

まずは親の滝沢が、技ありチートイツを決めます。

リーチ・ツモ・チートイツ・ドラ4の8000オール!

いきなり親の倍満が飛び出します!親が流れた滝沢ですが、このリーチを瀬戸熊から一発で仕留めて8000は8600の出アガリ。

気持ちよく加点します。

今日のタッキーも好調!

そこへ立ちはだかったのはアベマズ多井。

瀬戸熊からホンイツドラ1の3900は4200を出アガり。

トップ目の滝沢を追撃します。

南入し、多井が三色ドラ1をダマテン。

これにたろうが飛び込みます。

多井が少しずつ加点しますが、まだ滝沢は遠いか。

瀬戸熊も見せ場を作ります。

リーチ・ツモ・ピンフ・赤2・ウラ1で3000・6000!

一撃で多井を捲って2着へ浮上。

ラス親があるので、ここでクマクマタイムが出るか!

終盤にテンパイし、トップを目指してリーチ!

攻める瀬戸熊、しかしここは流局します。

面白かったのが続くオーラス1本場。

多井の先制リーチを受け、滝沢が攻めを見せます。

おそらく多井のリーチは瀬戸熊を捲るリーチであり、このまま多井がアガってしまうと多井が2着へ浮上します。

するとアベマズはさらにポイントを増やすことになるので、追う立場の風林火山滝沢としては、多井が3着のままで終わりたい。

という思考から、二筒:麻雀王国を暗カンして生牌のドラを打ち出します。

1枚切れの發:麻雀王国も押します。

かっこいい!

箱下のままでは終われないたろうもこの發:麻雀王国を仕掛けてホンイツへ向かいます。

しかし最後はテンパイしたたろうが多井へ放銃。

裏ドラも乗って満貫になり、多井が2着でフィニッシュ!

滝沢がチームと自身の2勝目を決めました!

しかし多井はさすがですね。

トップが取れなくても、きっちり仕上げて2着に入ります。

アベマズがポイントをさらに増やしました。

スポンサーリンク

第2試合 3時間、23局の大熱戦を瀬戸熊が制す!

第2試合は起家から雷電瀬戸熊、アベマズ白鳥、風林火山亜樹、ドリブンズ園田。

瀬戸熊は連戦となりました。

テンパイして親を連荘し、迎えた1本場。

亜樹の先制リーチを受けますが、その亜樹からタンヤオ赤2の5800は6100を出アガり。

瀬戸熊の連荘が続く中、園田が三色ではなくピンフに受け、これをヤミテン。

白鳥から出アガりを決め、瀬戸熊の独走を阻止します。

しかし東2局、瀬戸熊の先制リーチ。

安全牌がない園田が、これに飛び込み裏ドラ1枚乗って満貫となります。

東3局は、2軒リーチを受けた親の亜樹が追っかけて3軒リーチに!

これを亜樹がツモって裏ドラ1枚、リーチ・ツモ・ドラ・ウラで4000オールを決めます!

さすが高打点の亜樹!

親番できっちりアガる場面が目立ちます。

現在平均打点は21人中トップです。

続く1本場はリーチ・ツモ・ピンフ・赤2・ウラ1で6000は6100オール!

一撃で亜樹がトップへ!

ここまで大人しかった白鳥が、イッツーを決めます。

これで亜樹の親番が終了。

南入し、今度は瀬戸熊が高打点を決めます。

6000オールでまたまた瀬戸熊が逆転!

続く1本場、またもや瀬戸熊が4000は4100オールをツモ!

強すぎる!

というか打点高すぎ!

今度は亜樹が負けじと瀬戸熊から満貫を直撃!

亜樹が再逆転!

なんだこの試合は!

園田のリーチを受け、瀬戸熊がヤミテン。

これをツモアガって1300・2600で再度瀬戸熊が逆転します。

もうわけが分かりません。

勝負はオーラスへいき、さらにとんでもない展開へ。

凄まじいオーラスが始まります。

オーラス、箱下の園田が親。

なんと8000オールをツモアガります!

園田は前試合でも8000オールをツモっており、2試合連続の8000オール。

まさかの逆転劇が始まるのか!?

さらに園田、リーチ・ツモ・ウラ2で親満をツモ。

マジで凄い…

この亜樹まじでかわいそう…

ピンフ・赤2・ドラで満貫確定をヤミテン。

これをアガれば逆転トップの場面でした。

こんな六筒:麻雀王国九筒:麻雀王国なんて、完全に勝ったと思いますよね。

当然ドラをツモ切ると…

なんと園田のドラタンキに直撃!

5800は7000で亜樹がまさかの園田に捲られるという展開に!

園田は箱下から2着へ浮上!

凄すぎる…

しかし最後は瀬戸熊がなんとかツモって終了。

逃げ切りに成功しました。

それにしてもこの試合、マジで凄すぎました。

見ているこっちが疲れました。

3時間近い試合で、総局数は23局。

全員グッタリ。

アベマズ白鳥が一人箱下のラスを引いてしまいました。

でもこの打ち合いではしょうがないですね。

本当にやばかった。

風林火山が3位へ浮上!

アベマズもポイントを減らしはしましたが、まだ余裕の首位。

しかし、下の順位のチームがどんどん復活してきているように見えますので、まだまだこのMリーグ、全然展開が分かりません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする