麻雀がいよいよスポーツ化へ!麻雀プロリーグ「Mリーグ」発足!

スポンサーリンク


麻雀がついにスポーツ化への第一歩を踏み出そうとしております。

2018年7月17日、麻雀プロリーグ「Mリーグ」の発足が発表されました。

サイバーエージェントの藤田晋社長が代表理事となり、Mリーグ機構を新たに立ち上げてスタートとなりました。

リーグ戦の開幕は2018年10月1日。


驚きなのは、JリーグやBリーグのチェアマンである川淵三郎氏を最高顧問として呼んだことです。

そんな中、Mリーグ発足の記者会見が行われましたので、内容を紹介したいと思います。
司会の色紙千尋さん。

Mリーグ発起人の藤田晋社長。

藤田晋が考える「麻雀とは」

まず最初に、藤田社長が考える「麻雀とは」についてを力説しました。

麻雀の魅力にのめり込んだのは大学時代。

社会人になっても、サイバーエージェント立ち上げ後もその熱は冷めることなく、数々の企業対抗戦や麻雀最強戦優勝を経て、AbemaTVにて麻雀チャンネルを立ち上げてきた。

そして麻雀から多くのことを学んできた。

麻雀から教わったことは、熾烈なビジネス環境を生き抜くためには欠かすことのできない様々な力。

対局中常に頭をフル回転させ続ける、極限の集中力と判断力、論理的思考に加え、同時に勝負勘をも鍛えることができる。

そして最後は勝敗を分けるのは精神力の強さ。

それらは全て、会社経営にも必要となるスキルにも通じる。

ビジネスに必要なものは麻雀から学んだと言っても過言ではない。

私にとっての麻雀は、ビジネスの主張。

この思いが、Mリーグ開設へとつながるものである。

スポンサーリンク

Mリーグ発足のきっかけ

麻雀に恩返しがしたい。

そのために、健全な麻雀環境を確立させたい。

そして麻雀そのものの価値を拡大したい。

そんな思いを実現するために、真のプロフェッショナルな麻雀リーグ「Mリーグ」の設立へ至ったとのこと。

Mリーグの目的

麻雀の真のプロスポーツ化と、オリンピック競技にすることが目標。

そして頭脳スポーツとしてのイメージの確立し、健全で安全な麻雀環境の整備をすることで、麻雀の価値拡大を牽引する。

ギャンブル・タバコ・徹夜等のネガティブイメージを排除すること。


ゼロギャンブル宣言に反する行為をした場合は厳しい処分とすることを明言しています。

ギャンブルとしての麻雀ではなく、頭の運動として、そして戦略的な勝負を楽しむことを目的とする麻雀愛好家が多くいることがわかります。

これはかなり意外でしたね。

若い人は麻雀離れが進んでいるのかと思いきや、10代が一番麻雀に興味がある世代だったのです。

子供向けの麻雀教室が多くなってきているようです。

意外ですね!

知らなかった!

麻雀プレイヤーの脳年齢が3歳若いのもすごい!

やっぱり何気に頭を使っているのです。

初代出場チームは7チーム


7チームで合計80試合を闘い、優勝チームへは賞金5000万円。

図解にするとこんな感じ。

赤坂ドリブンズ(株式会社博報堂DYメディアパートナーズ)

EX風林火山(株式会社テレビ朝日)

KONAMI麻雀格闘倶楽部(株式会社コナミアミューズメント)

渋谷ABEMAS(株式会社サイバーエージェント)

セガサミーフェニックス(セガサミーグループ)

チーム雷電(株式会社電通)

U-NEXT PIRATES(株式会社U-NEXT)

上記7チームの参戦となります。

日本プロ麻雀連盟、日本プロ麻雀協会、最高位戦日本プロ麻雀協会、麻将連合-μ-、RMUの5団体、2000名のプロ雀士の中からドラフトで選手が選出されます。

各チーム3名となりますので、2000名いるプロ雀士の中から選ばれた21名が出場できる、めちゃくちゃ狭き門となります。

これまで麻雀プロは、自分で団体に対して年会費を払ってリーグ戦へ参加したり、プロとして名乗ったりしていました。

これによって、プロを目指しても稼げないという理由から辞めていったり、最初からプロを目指さないという発想になってしまいますよね。

しかし今回のMリーグ発足により、スポンサー企業が着くことでプロとして稼げるようになるのです。

これまで以上にプロになりたいと考える人が増えていくでしょう。

注目のドラフトは、8月7日に行われます。

いまから超楽しみ!
麻雀界へ革命を起こす麻雀プロリーグ「Mリーグ」のドラフト会議に注目!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする