渋谷アベマズ強い!麻雀格闘倶楽部は守備力不安?大和証券Mリーグ2018開幕3日目

スポンサーリンク


開幕から連日の熱闘が続く大和証券Mリーグ2018。

1日休みを置いて、開幕3日目の対戦が行われました。

3日目の主役は、渋谷アベマズ!

2日目初登場でリーダー多井隆晴選手がトップを取り、チームランキング3位と好スタートを切ったアベマズですが、3日目は30代と20代の次世代を背負うエースが躍動しました。

※以下敬称略

第1試合 白鳥翔がゴジラ前原雄大に燃やされる?

第1試合は起家からパイレーツ朝倉、麻雀格闘倶楽部前原、風林火山亜樹、アベマズ白鳥の4名。

初登場となったのは朝倉、前原、白鳥。

チームメイトの寿人が前原応援のツイートをしていました。

白鳥がゴジラの火で燃えて、そしてフライアウェイだそうです。

そんな中始まった東1局、親の朝倉ひとりテンパイで1本場へ。

その1本場、親の先制リーチということもあり全員がオリに回り、このペン三筒:麻雀王国をしっかりとツモって裏を1枚乗せ、4000は4100オールで朝倉が好スタート。

しかしゴジラがさっそく火を噴きます。

發:麻雀王国を暗カンして先制リーチを打つ亜樹。

比較的高そうな亜樹のリーチに対して危険牌をバンバンいく白鳥がタンヤオ・三色・赤でテンパイ。

その押しっぷりから、周りからしてみればこちらも高そうな気配。

その状況でテンパイした前原。

この愚形、役なしをまさかのリーチ!

さすがチームがらくた!

Mリーグという大舞台でも自身のスタイルを変えることはありません!

解説の瀬戸熊プロも、「良い子のみんなはマネしないで」と言っています。

しかし、瀬戸熊プロが「こういう所で勝つのを何度も見ている」と言った矢先に…

一発でツモっちゃいます!

ラスト1枚をあっさりとツモ!

しかも裏ドラも乗って2000・4000は2200・4200!

これはすごいアガリです!

最年長ゴジラがこのまま突っ走るかと思われましたが、金髪白鳥がそうはさせません。

まずはホンイツでタンキ待ちをツモアガって満貫とする白鳥。

白鳥の親番、ゴジラの先制リーチに追っかけ、4000オールをツモアガります。

またもや前原のリーチに対してドラ2枚使いで仕掛け、前原から直撃で5800。

ゴジラの火に勇敢に立ち向かい、得点を重ねます。

南入し、逃げ切り態勢の白鳥。

中:麻雀王国をポンして1000点のテンパイも…

赤入り麻雀では簡単に打点がアップします。

朝倉から出アガリ3900。

オーラス。

現状ラスの亜樹が高目イッツーのピンフドラドラテンパイ。

どこから出ても3着浮上のためここはヤミテン。

すると2着の朝倉がこちらも高目三色でリーチを打ってきます。

リーチ棒が出れば、朝倉から直撃で2着へ浮上するため、ツモ切りリーチに出る亜樹。

勝負局です!

ドラ1枚と赤2枚を持つ前原も追いつき、勝負の3軒リーチ!

結末は!?

最後は前原が朝倉へ5200を放銃し、終了。

この放銃で前原がラスへ転落。

裏ドラが乗らなければギリギリ3着でしたが、それはしょうがないでしょう。

終わってみれば白鳥がそのままトップ。

ゴジラ前原の攻撃をことごとく跳ね返し、力強くトップを取りました。

アベマズはリーダー多井に続いて2連勝に成功。

アベマズが暫定首位に浮上します!

スポンサーリンク

第2試合 白鳥に続け!最年少Mリーガーが躍動する!

第2試合は、起家からパイレーツ小林、アベマズ松本、風林火山亜樹、麻雀格闘倶楽部寿人の4名。

白鳥のトップに続いてトップを取りたい松本!

チーム3連勝なるか!?

幸先よく先制リーチの松本。

七索:麻雀王国がスジひっかけの形となっており、満貫テンパイの寿人からこれを討ち取る松本。

今日は出来がいい!

しかし寿人がすぐさま満貫を取り戻します。

このあたりはさすがですね。

満貫を打っても、自分もアガり返せばいいのです。

それが寿人スタイル。

しかしこの試合はまず亜樹高打点を見せます。

自身の親番で4000オールをツモ。

攻める松本のリーチをかいくぐり、追っかけリーチを打ち、一発でここをツモ!

6000は6100オールで突き抜ける亜樹!

この時点で亜樹の平均打点は13000点を超えています!

しかし今日は松本デー。

小林のリーチを2000点でかわすと…

この2000オールを一発持ってきて亜樹を追撃。

カンチャンもあっさりとツモ!

裏ドラも乗って4000は4100オール!

テンパイ連荘後、亜樹の先制リーチが入ります。

松本も最高のテンパイを入れてリーチ!

このリーチ一発目の寿人の手牌。

国士イーシャンテン!

ここから松本のロン牌がこぼれ落ちます。

12000は12900のアガリでトップへ!

アベマズ強いぞ!

小林もすごかったです。

亜樹の先制リーチに対して、このテンパイ。

二筒:麻雀王国を切れば三色確定となりますが、アガリ安さを優先して冷静に五筒:麻雀王国切りのリーチに出ます。

これが一発で亜樹から出て跳満!

小林もこのMリーグでは打点高いですね。

最後は松本が三暗刻のヤミテンを寿人からアガって終了。

松本がトップでアベマズ3連勝!

亜樹はなんとか踏みとどまって2着。

寿人が箱下で苦しいラス。

前原に続いて連敗となってしまいました。

3日目を終えた順位表。

渋谷アベマズが唯一の3桁ポイントで首位。

これはこの後の闘いが少し楽になりそうですね。

しかしウマが大きく、しかも赤ドラがある麻雀のため、すぐにひっくり返ることもあるでしょう。

麻雀格闘倶楽部が苦しい連続ラスで現在最下位。

前評判の守備力のなさが出てしまっていますが、攻撃力はハンパないはずなのでまだまだわかりません。

頑張れ麻雀格闘倶楽部!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする