大和証券Mリーグ2018開幕戦からド派手な展開!これが赤あり麻雀!

スポンサーリンク


麻雀界の歴史を変えるMリーグがついに開幕を迎えました。

大手証券会社の大和証券が2018から2020の3シーズン、レギュラーシーズンスポンサーとして決定し、大和証券Mリーグ2018としてスタート。

麻雀の試合がこれだけ大きなスケールになったこと自体信じられないですが、現実になっています。

多くの麻雀ファンが注目する中、開幕戦がスタートしました。

Mリーグは出場7チーム、各チーム全80半荘を戦います。

上位4チームがファイナルシリーズへ進出。

そして優勝が決まります。

川淵最高顧問が開幕宣言をし、いよいよMリーグが開幕しました。

まずはMリーグルール説明

80半荘のうち、1選手の出場上限は40半荘。

これを超えない範囲で自由に出場回数を決めることができます。

赤ドラありで、普通のフリー雀荘みたいなルール。

ウマが若干大きいですね。

※以下敬称略

いよいよ開幕戦!ド派手な展開に!

1回戦はかなりド派手な展開が待っていました。

起家からパイレーツ小林剛、フェニックス魚谷侑未、ドリブンズ園田賢、雷電萩原聖人の4名による開幕戦。

記念すべきMリーグ初アガリは園田!

中赤1で魚谷から2600の出アガり。

ここからド派手な展開が始まります。

萩原がラス牌の三萬:麻雀王国を力強くツモり、裏を乗せてMリーグ初跳満!

持ってる男は違いますね!

大舞台に強い!

お次は魚谷がハネツモの萩原から5200の出アガリ。

魚谷も東場のうちに初アガリに成功。

Mリーグ初アガリを見せた園田がリーチをかいくぐって白・トイトイ・赤の満貫をツモ。

赤入り麻雀っぽい高打点が飛び交います。

ロボだけアガりなしで南入。

しかし、ここからロボの本領発揮となります。

南入早々、ドラ雀頭のサンメンチャンでリーチ。

こいつをあっさりツモって、何とウラ3!

6000オールとなります!

続く1本場、五萬赤:麻雀王国切りのリーチでスジひっかけとなり、これに魚谷プロが放銃。

9600は9900。

このカンチャンもしっかりツモって2000は2200オール。

鳴いて1000点の男が、RTD2018ブラック独走のごとくメンゼン高打点を決め続けます。

またもや魚谷から仕留めます。

5800は6700。

この男に残り枚数は関係ありません。

山に残り1枚の四萬:麻雀王国七萬:麻雀王国をあっさりツモって4000は4400オール。

その点棒は70000点を超えました。

寿人棒(黒棒)が出た魚谷でしたが、小林の先制リーチに対して追っかけ、これを小林から一発で討ち取って意地を見せます。

小林の独走状態かと思われましたが…
1打目にドラを打つ小林。

これがどう出るのか。

親の園田がなんと5巡目にメンホン、發、赤をテンパイし、ドラタンキに。

出アガリ18000、ツモって8000オールの超大物手。

そこへ…

1巡目にドラを打った小林のもとへ、ドラが入ります。

当然これをツモ切りとし、手痛い放銃。

5巡目にこれは完全に事故でしょ!

こんなに早いとは、これはさすがに読めません。

さすがのロボもこの表情。

5巡目親ッパネで一気に逆転されました。

このアガリが決勝点となり、開幕戦は逆転でドリブンズ園田がトップ!

パイレーツ小林としては手痛い2着。

しかし、長い目で見た打牌選択をした小林としては、痛いは痛いですけど結果論です。

おそらくそんなに引きずることはないでしょう。

開幕戦を終えたポイント状況。

赤入り麻雀らしい超ド派手な開幕戦でしたね!

スポンサーリンク

第2戦 萩原連投!それ以外はメンバー入れ替え

第2戦は、雷電の萩原が連投、それ以外はメンバーを入れ替えて始まりました。

起家から雷電萩原聖人、ドリブンズ鈴木たろう、フェニックス茅森早香、パイレーツ石橋伸洋。

まずはたろうの2000・4000からスタートしました。

赤を2枚使った気持ちのいいアガリ。

イッツーでヤミテンに構えた石橋が、萩原から5200は5500の出アガリ。

ここは確実にアガリにいくため、リーチにはいきませんでした。

第2戦は開幕戦と比べて大きな決まり手が出ないままオーラスへ。

トップ目のたろうから、ラス親の石橋が親マン直撃で逆転に成功!

ドラフトで最後の指名だった石橋が、初日にチーム初トップをもたらします!

安堵の表情を浮かべる石橋。

近年の調子の悪さを、このMリーグで晴らせればいいですね。

パイレーツとドリブンズがトップ2着で、パイレーツが首位。

雷電の萩原は、ハネツモスタートとなりましたが、その後は終始厳しい闘いとなってしまいました。

フェニックスは女流2名が苦戦。

まだまだ初日が終わったばっかり。

週に4回、こんな闘いが見れるなんて、幸せですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする