麻雀女流プロ宮内こずえのファインプレー!からの大逆転劇!

スポンサーリンク


youtubeで見つけた動画、日本プロ麻雀連盟主催の『ロン2カップ2017SUMMER』にて、同連盟所属人気女流プロの宮内こずえプロが超ファインプレーをしましたので、ご紹介します。

ロン2カップルール概要

ロン2カップ(ロンロンカップ)とは、日本プロ麻雀連盟が運営するネット麻雀の「ロン2」の一般ユーザーと、日本プロ麻雀連盟所属プロが入り混じって戦う大会で、今回は三麻(三人麻雀)です。
三麻と言っても、4人が対戦してうち1人が抜け番のルール。
一発、赤、裏ドラ有、点数はロンの場合は四麻の点数と同じで、ツモった場合は親っかぶりなしの折半。(親が満貫ツモは6000オール、子の満貫は4000オール等)
北:麻雀王国は抜きドラとせず、全員のオタ風。
トップのみ決勝進出、2着は準決勝、3着は各卓の3着の中からアンケートで選ばれれば準決勝進出、ラスは敗退。

その『ロン2カップ2017SUMMER』予選B卓に出場した宮内こずえプロ超ファインプレーと大逆転劇の様子をお届けします。
あらかじめ言っておきましょう、南場はまさに三麻って感じの戦いです。

対局メンバーは宮内プロ、高宮まりプロ(めっちゃ可愛いですね)、一般ユーザー2名。
対局前のインタビューで水飲んで咳込んでました。(大丈夫でしょうか…)
しかし、三麻は佐々木寿人プロと勝又健志プロに叩き込まれたため自身ありとのこと。

みんな結構守備型なんでしょうか、東場は三麻にしてはほとんど荒れない展開。

そして対局は南場に入ります。

スポンサーリンク

宮内こずえプロのファインプレーダイジェスト


南2局が始まり、宮内プロは、東場は特に見せ場がなく、現状ラス目。
残り局数を考えてもそろそろ見せ場を作りたい場面です。
三麻は一撃で決まることもあり、大した点差ではないですけど。


そんな中、トップ目で親の一般ユーザーがドラもない役なしのカン八筒:麻雀王国待ちからシャンポン待ちへ変化してリーチ。


西家の宮内プロは、これ以上トップとの点差を離されたくない場面で
あり、高宮プロが捨てた南:麻雀王国をポンしてテンパイを取ります。


南家の高宮プロからもチートイドラドラ赤2のハネ確ツモ倍リーチが入ります。

しばらく全員ツモ切りが続きましたが、数巡後…


親の当たり牌を掴んでしまいます。
九萬:麻雀王国は場に1枚切れ。
宮内プロ、少し考えます。
解説の勝又健志プロも、滝沢和典プロも、この九萬:麻雀王国は止められないとのこと。
しかし宮内プロは…


当たり牌の九萬:麻雀王国をビタ止め!
素晴らしいですね!
攻めたい局面ではありますが、まだ親番も残っており、親での勝負に賭けるという選択をします。(時間が決まっているため、時間が残っていれば西場、そして再度東場に戻る)


もう1個の当たり牌すら掴んで完全にオリ。


しかし、再度テンパイ。
宮内プロ、また少し考えますがすでに親での勝負に賭けることを決意しているので、…


ここは冷静に我慢


そして親の一般ユーザーがツモ。
裏も乗らず2000オール。


その後点差はさらに広げられる厳しい展開。
そんな宮内プロは、自身の親番で絶好のテンパイ。
点差を考えればぜひともドラの六索:麻雀王国でアガリたい局面です。
他の2名はオリ気味で、宮内プロの一人旅です。

頑張れ宮内プロ!

まずは…


暗カンをしてドラを増やしましょう!
しかし、カンドラは乗らず。

数巡後、願いが通じたのか、


ドラの六索:麻雀王国をツモ!

よかった!

自ら増やした裏ドラは…


ドドドドドーン!


しっかり雀頭の一索:麻雀王国を乗せ、さらに暗カンをした九萬:麻雀王国までモロ乗り!

リーチ、ツモ、赤2、ドラ、裏6!

親の三倍満ツモで一気に大逆転!

親番継続です。


もう1発アガリを決めて迎えた南4局2本場、2着のユーザーからチートイドラドラのリーチが入ります。

ラス目の高宮プロは…


国士無双のイーシャンテン!

そして…


高宮プロ、チートイドラドラの当たり牌である一筒:麻雀王国を引き入れ、国士無双テンパイ!
もちろんヤミテン。

そして直後宮内プロ…


終わらせるべく、追っかけリーチに出ます!
マジで危ない!

そして…


なんと国士テンパイの高宮プロもツモ切りリーチ!
やばい!
危ない!

その後…


宮内プロが何とかモアガリを決め、無事トップで終了、決勝進出を決めました。

宮内プロの見る目が変わった

この対局を見て、宮内プロの見る目が少し変わりました。
これまでの印象は、積極的にリーチには出るけどアガリを決められない、けっこう引き弱なイメージでした。(ファンの方がいたらすみません…)
とりあえずそんなに強い印象がなかったです。
女流だったら和久津プロとか、魚谷プロとか、和泉プロとかが印象強くて、僕の中ではそんなプロたちには負けていましたが、この対局はすごかった。

当たり牌を止める以外にも、解説の滝沢プロも言ってましたけど切り順とかうまいし、けっこうファインプレー多かったです。
そして最後の大逆転のアガリ。
アガリは結果論にすぎませんが、すごかったですね。

これから宮内プロに注目します。
宮内こずえプロブログはこちら

一応、動画リンク貼っておきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする