フリーアナウンサー松本圭世も麻雀の道に!?麻雀キャスターに挑戦

スポンサーリンク


近年、新たなジャンルの職業として、「麻雀キャスター」と呼ばれるものがあります。

テレビやネットテレビなんかで、麻雀対局の放送が少しずつ増えてきていますよね。

著名人の出演だけでなく、麻雀プロ同士の真剣勝負の対局もあり、麻雀対局を一種のスポーツとしてとらえ、その対局の模様を正確に伝えることのできる人材が求められてきています。

この新たなジャンルに挑戦するのが、フリーアナウンサーの松本圭世さん(まつかよ)です。

今回は、松本圭世さんがどのように麻雀と関わっているのかについてを取り上げたいと思います。

松本圭世プロフィール

■生年月日:1989年8月6日
■出身地:静岡県磐田市
■出身大学:名古屋大学経済学部
■来歴:大学卒業後、愛媛朝日テレビを経て、テレビ愛知へ入社、およそ2年後に退社し、現在に至る

過去にAV(アダルトビデオ)に出演!?

大学時代に、AV(アダルトビデオ)で映像が使用されていたということで大変な騒動になり、テレビ愛知を退社する事態に発展しました。

しかし本当のところはただ飴を舐めていた映像が使用されたのみで、しかも本人に無断で使用されてしまったんです。

せっかくアナウンサーになって担当していた番組があったのにも関わらず全て降板し、退社に追い込まれたというかわいそうな過去を持ちます。

現在は麻雀関連の仕事が増えている

しかし、ここ最近になって麻雀の仕事が増えてきました。

高校時代から麻雀に触れていたので、本格的に麻雀の勉強を始めたそうです。

「多い時で週に5日くらい雀荘に行きました。1人で行ったり、仲間と行ったり。行ったら半荘1回、2回じゃ帰れないですね。今では週3、4日が多いですが、5日行けたら天国ですね」と発言しています。

フリーでも行っているみたいですね!

かなりの麻雀好きということが分かります。

そして、彼女のこんな発言から、麻雀キャスターに対する熱い気持ちが見て取れます。

「たとえばスポーツ中継のような要素も、もう少し入れていけたらいいなとは思います。今は麻雀が分かる人向けの番組になっていますが、あまりよく知らない方にも緊迫感が伝わるような。あまり内輪な感じになってしまうと、完全に置いていかれちゃう人も出てくるので」

いいですね、麻雀を打つことを真剣に考えることもすごく大切ですが、麻雀を見る人にしっかり「伝える」ことを真剣に考えています。

麻雀プロのように麻雀を打つことで麻雀の素晴らしさを伝える仕事もありますが、スポーツの実況のように言葉で麻雀の素晴らしさを伝える職業もとても大切であり、今後の麻雀界の発展には欠かせない存在になると思います。

そして自ら打ち手としてテレビ出演

AbemaTVで放送された麻雀番組『今日、体重発表します。-優勝賞金100万!負けたらその場で体重発表!-』に打ち手として出演。

 予選の対局の様子。

残念ながら予選敗退となりましたが、かなり打てるのではないでしょうか。

対局はまだ見てないのでじっくり見てみようと思います。