『麻雀最強戦2017ファイナル』ダイジェストと感想【D卓】

スポンサーリンク


麻雀最強戦2017ファイナル予選D卓の模様をお伝えします。
いよいよ予選最終卓となりました。
この卓で、決勝進出者4名全員出揃います。
残り一つの決勝進出枠は誰が手にするのでしょうか!

麻雀最強戦2017ファイナルD卓ダイジェスト


対局メンバーはこちら。
十段位・藤崎智、男子プロ代表・多井隆晴、全国アマチュア最強位・影山恒太、前年最強位・近藤千雄の4名。
注目は前年の決勝でも顔を合わせ、オーラスで優勝を争った近藤・多井の対決。
今回は予選でぶつかることとなり、多井が昨年のリベンジを果たせるか。
そして連盟の忍者・藤崎智は頭取りのこの半荘をどう戦うのか。
最強レベルのプロに対し、アマチュア最強位・影山がどこまで攻められるのか。
注目の一戦です。


影山が起家スタート。
まずは最強位・近藤が先制リーチ。


忍者・藤崎はテンパイするが、ノータイムで現物を打ってオリ。
決断はや!
さすがは守備職人の藤崎です。


親の影山が最高の形で追っかけ!
開局早々リーチ合戦となります。


先制リーチの近藤が影山から討ち取り、まずは2600出アガリを決めます。


あっさりと親を流された影山は、すかさず次局先制リーチに出ます。


これを、守備職人がノータイムで切り、放銃。
藤崎も親であり、ヤミテンで押したところが放銃となってしまいます。
裏が1枚乗って満貫となります。


影山がまたもやリーチ。
枚数はそんなに多くないですが、かなり出やすい三筒:麻雀王国だと踏んでのリーチでしたが…


藤崎が仕掛け、ソウズのホンイツを目指します。


多井も、ホンイツもしくはトイトイを目指して仕掛けを入れていきます。
リーチの影山的には、こんなはずじゃなかったって感じじゃないでしょうか。


藤崎がテンパイを入れます。
高目ツモで倍満手!
守備職人も、頭取りの半荘では相当いきます!


結局ホンイツになった多井。
ドラのカンチャン待ちでテンパイ!


強い!
テンパイ後すぐにツモ!
リーチが入っているだけでなく、藤崎に当たる可能性の高いソウズを押してのツモアガリは見事です!
2000・4000となります。

スポンサーリンク

勝負はいよいよ南場へ、誰が勝つ!?


南場に入り、現状ラスの藤崎。
チートイツでリーチに出ます。
たぶん今大会で初めてのチートイツではないでしょうか?


近藤がピンフをテンパイし追っかけリーチ。
藤崎ピンチか!?


ここは近藤がツモアガリ。
裏は乗らず、700・1300。


ここまで厳しい展開の藤崎。
親番で仕掛け、タンヤオ・三色・ドラドラのテンパイ。


これを近藤が放銃。
藤崎が12000で息を吹き返します。


今度は近藤が厳しくなりますが、まだ親もあります。
まずはこれをアガって勢いをつけて親番を迎えたい場面で先制リーチ!


親番の藤崎はここでギブアップ。
ラスト2局にすべてをかけます!


ドラ暗刻の多井もテンパイをし、ヤミテンで勝負。
二人テンパイで流局となりました。


その後藤崎が必死に仕掛け、トップの多井から直撃。
オーラスの条件を残します。


オーラス親の多井。
トップで迎えたオーラスは、アガれば即終了ですが、この悩ましいテンパイ。


トップの多井と3着の影山との差は6300点で、多井から3900直撃か1300・2600ツモ条件の影山がリーチ!
当然ツモりに来ています!


これがツモれない!
最後のツモを終え、終局。
多井がなんとかトップを守り切り、決勝進出を決めました。


爽やか笑顔の多井プロ。
最速・最強の名の通り、強いですね。
RTDリーグでも大活躍で、本当に強いです。

以上、予選は全て終了、決勝は馬場裕一プロ、金太賢プロ、猿川真寿プロ、多井隆晴プロとなりました!
本当に熱い予選でしたね。
決勝の様子も次回掲載します。