『麻雀最強戦2017ファイナル』ダイジェストと感想【A卓】

スポンサーリンク


12月10日(日)にAbemaTVで生放送された『麻雀最強戦2017ファイナル』
ダイジェストと感想をお伝えします。
とりあえず、1ページにまとめようと思ったのですが、あまりに内容が凄すぎてまとめられなかったので、各卓と決勝をそれぞれ1ページにして、全5ページで掲載します。
まずはA卓の模様から。

麻雀最強戦2017ファイナルA卓ダイジェスト

初戦から壮絶な戦いとなりました。
結論から言うと、凄すぎた。
A卓出場者はこちら。

鳳凰位・前原雄大、男子プロ代表・馬場裕一、著名人代表・本郷奏多、女流プロ代表・二階堂亜樹の4名。
起家は前原。
ドラは九筒:麻雀王国


まずは前原があいさつ代わりに2600オールをツモアガります。


続く1本場は、亜樹から2900は3200を出アガリ。
前原が幸先良い連チャンを決めます。


続く2本場、前原が頭一つ抜けるかと思いきや、馬場からピンフ、三色、ドラドラでリーチが入ります。


亜樹もこっそりピンフテンパイですが、ヤミテン。
危険牌を持ってきたらやめる選択か。


馬場が高目をしっかりツモり、3000・6000のアガリ。
さすが馬場、一撃がでかい!


東3局で親番の亜樹。
実はこれ、清老頭のテンパイ!
しかしこれはアガれず流局。


前原、馬場のペースになりかけているところ、亜樹がドラを2枚使ってリーチ。


親番の馬場は、ラス牌のドラを引き、雀頭が完成します。
勝負とばかりに追っかけリーチにでます。


前巡トイツ落としを敢行した本郷から一発で放銃。


リーチ・一発・発・ドラドラの親満で加点。
これはこのまま馬場が突き抜けるのか!?


そうはさせまいと前原の手牌。
亜樹の先制リーチに対して、三色確定で追っかけリーチ。


何と先制リーチの亜樹が、前原の当たり牌を一発でつかんでしまいます。


またもや跳満が飛び出す展開。
前原が逆転します。
これは前原と馬場のベテラン勢の対決か。


南場に突入し、100点差でトップの前原が親番。
三色イーシャンテンから、安目を引いたものの、前原の親番ということもあり先制リーチを打つ馬場。


これは本郷が一発で放銃。
5200のアガリで馬場が逆転しトップに立ちます。


もう本当に凄すぎる!
目まぐるしく馬場と前原の順位が入れ替わります。
白・三暗刻・トイトイ・ドラ5で前原が4000・8000をツモアガリ。


亜樹が親番で意地を見せます。
最後1回のツモ番を残してリーチ。
それを一発でツモり、リーチ・一発・ハイテイ・ピンフ・ドラ・裏で6000オール。
赤なしルールなのにすげー荒れてるんですけど!

スポンサーリンク

ここが分かれ目!?手に汗握る壮絶な勝負局


先ほどの倍ツモで点差をつけた前原が、局回しに出ます。
タンヤオドラ1で仕掛け、イーシャンテン。


馬場からチーして前原がテンパイ。


馬場もテンパイしますが、役なし、打点も低いためヤミテンを選択。
しかし…


前原が三萬:麻雀王国をツモ切り。
馬場がリーチをしていれば…
リーチでも前原は切ったでしょうね。
なぜかというと…


親の亜樹からリーチが入り…


馬場はトイツ落としをして回ります。


しかし前原は、怒涛の全ツッパ!
勝負所と踏んだのでしょうか、親のリーチに対してドラすら叩き切りました!
何でもいきます!


馬場も再度テンパイ。
今度は役ありです。
一度ヤミテンに構え…


入れ替えてリーチ!
かなりの勝負所!


前原も一歩も引きません!


これを馬場がツモアガり!
裏ドラを2枚のせ、2000・4000のツモ。
強すぎる!


オーラス、1100点差でトップは前原。
オーラスの親はアガリ止めありで、しかも早々に馬場が逆転の条件を満たす2400のテンパイ。


最後はあっさり本郷が放銃。
逆転で馬場がトップを取り、決勝進出を決めました。


壮絶な対局を打ち終え、晴れやかな表情の馬場プロ。
本当に凄かったです。
とりあえず、各卓がこのようにドラマチックすぎるため、1ページにまとめるのは無理です。
B卓、C卓、D卓、決勝卓も掲載しますので、しばしお待ちください。