麻雀放浪記2020第2話【タイムスリップして困惑する哲】

スポンサーリンク


前回連載スタートとなった『麻雀放浪記2020』

第2話の模様をチラッとお見せします。

チューレンをアガって現世にタイムスリップしてきた主人公の坊や哲。

様々なところが昭和20年とは大きく変わっていて、衝撃をうけます。

なぜかメイドたちと麻雀を打つことになり、手加減を知らない哲は圧倒的な強さで勝利。

そして第2話。

メイドたちに対しても魂の入った麻雀を要求する哲。

しかしそれは叶わなかったようです。

当然、現代の日本では賭博が違法となっており、当然賭け麻雀も禁止なのです。

勝ち金を得られないだけでなく、逆にゲーム代を要求されることになります。

当然ですよね。

所持金は昭和20年当時の100円のみ。

金の価値の違う現代ではジュース1本しか買うことが出来ない金額。

1ゲーム代の600円すら払うことはできず、警察へと連行されます。

スポンサーリンク

額にICチップが入っており、全国民が登録されているのですが、当然哲は登録されているわけがありません。

しかしちょいちょいかっこよさを見せだす哲。

こんな感じで、かっこつけだします。

泊まるところもないので、メイドのひとりの家に行くことになった哲。

そこに現れたのは…

見るからにやばそうな変な奴!

これから何が始まるのでしょうか!

次回へと続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする