【麻雀初心者向け】麻雀で勝つためのコツはあるのか?

スポンサーリンク

たまにセット麻雀を打つことがあり、その中に麻雀初心者が入ることがあります。
周りの麻雀初心者の人によく質問されるのは、「麻雀で勝つためのコツってあるの?」とか、「振り込まないコツは?」とかです。
いつも何も考えずに「そんなのが分かれば苦労しませんよ!」と答えているのですが、よくよく考えてみました。

麻雀ってコツがあるのかな?と。

考えてみた結論は、「勝てる打ち方はあるが、一言でコツと言えるほど簡単ではない」ということです。

麻雀で勝つためのコツなど存在しない?

ネットの情報やプロ雀士が書いている戦術本なんかにたくさん出ている言葉で、「絶対勝てる麻雀戦術」とか、「絶対振り込まないコツ」とか、そんなタイトルが踊っていますよね。
でも、どの情報を読んでみても、その本質まで書いてあることはほとんどないと思います。

そもそも、麻雀に絶対はないと思います。
いくら三面待ちでリーチをかけても、絶対アガれるわけではありませんし、カンチャンやペンチャンなど、明らかに悪い待ちに負けることだってあります。

麻雀を打つ人は当然楽しみたいから打つんですけど、それと同時に勝ちたいと思って打つ人がほとんどだと思います。
戦うみんなが勝ちに来ているんです。(そうじゃない場合もあるかとは思いますけど。)
だから、絶対勝てるってことはないんです。
しかも麻雀は運の要素も強く、短期的に見れば経験が豊富な打ち手も、初心者の打ち手に負けることだってあるのです。
だから簡単に、麻雀で勝てるコツがあるってことはないのです。

スポンサーリンク

麻雀が強い打ち手は、どうして勝てるのか

しかし、現実に麻雀が強い打ち手はたくさん存在しています。
そして現実にその人たちは麻雀で勝っています。
しかしその人たちは、麻雀のコツを知っているというわけではなく、トータルで勝てる打ち方をしているのです。
僕が参考にしているプロ雀士の佐々木寿人プロもそうですが、半荘単位では大負けすることもありますが、様々なタイトルを獲得しています。
どうして勝てるのでしょうか。
勝てる人は、勝負の局面とそうでない局面をしっかり判別できているのではないでしょうか。
ここは勝負だと踏んだら、他家からリーチが入ったり鳴きが入ったりしても強い気持ちで攻めに徹し、無筋のドラだろうが何だろうがバシッと叩っ切ります。
アガり逃しをしない打ち方をします。
そこで放銃をしても、勝負の結果だからしょうがないと割り切ることができます。

逆に、ここは勝負局ではないと踏んだら、徹底的にオリに回ります。
守備の局面では、「振り込まないコツ」が生きるのです。
守備については以前の記事を↓
関連記事【麻雀の基本ー〈守備編〉】

つまり、麻雀で勝っている人は、まず第一に勝負局かそうでないかをしっかり判断し、勝負局と踏めばしっかり攻め、勝負局ではないと踏んだら徹底的にオリることができる打ち手なのです。

その技術はそう簡単に身に付けることができるのではなく、数々の経験をして初めて身に付くものだと思います。
ただ闇雲に半荘数をこなすのではなく、自分で振り返って反省をしたりしなければ、成長はないと思います。

なかなかセット麻雀やフリー麻雀だと振り返ることは難しいですけど(牌譜等がなく、記憶をたどるしかない)、なるべく後から思い出してその日の反省なんかをしてもっと強くなりたいと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする