佐々木寿人VS滝沢和典のライバル対決!RTDリーグの結果を象徴する一戦

スポンサーリンク


RTDリーグ2017のBLACK DIVISION予選での一戦です。

日本プロ麻雀連盟所属の佐々木寿人プロ滝沢和典プロの直接対決は、リーグ戦の結果を象徴する一戦となりました。

リーグ戦ダントツ首位の佐々木寿人プロは、準決勝進出濃厚。

準決勝はリーグ戦の得点の半分が持ち越しとなるため、少しでも得点を上乗せできるなら上乗せしたいところ。

対する滝沢和典プロはダントツの最下位で、準決勝進出は絶望的な状況です。

日本プロ麻雀連盟を代表する二人のライバルが、明暗がくっきり分かれてしまいました。

対局メンバーは起家から佐々木寿人プロ鈴木達也プロ滝沢和典プロ平賀聡彦プロの4名です。

東1局から勝負は決まった!?寿人プロ独走状態へ


東1局 ドラ二萬:麻雀王国
開局早々、親の寿人プロから先制リーチが入ります。

ドラのスライドやタンピンイーペーコーの変化がありましたが、即リーチときます。


その後滝沢プロが追いつき、ドラを打ち出してのリーチに出ます。


追いかけた滝沢プロが先制の寿人プロの当たり牌を掴み、裏ドラ1枚を乗せてあっさり7700点

タッキーキツイな!


東1局1本場 ドラ九筒:麻雀王国
続く1本場、また寿人プロが先制リーチ!

高目イーペーコーのピンフリーチです。

この時のタッキーの手牌は…


四暗刻イーシャンテン!

役満の期待が膨らみます。

頑張れ!


ツモスーテンパイ!
山には二索:麻雀王国が1枚、四索:麻雀王国はありません。
当然出アガリは見逃しとして、とりあえずヤミテン。


次巡、ドラをツモり、そのままツモ切りリーチを打ちます。


しかしこれまた滝沢プロが寿人プロの高目を掴み、5800は6100の放銃。
この展開はマジキツイわ!

この後寿人プロはもう一発7700は8300を平賀から出アガり、、総合得点を象徴するような独走状態。

スポンサーリンク


滝沢プロは達也プロから親満、子の満貫をアガり、何とか追い上げを見せ、終盤で2着目に浮上します。


オーラス1本場 ドラ八筒:麻雀王国
滝沢プロは跳満ツモでトップが見える状況でしたが、すかさず寿人プロが決めに入ります。

これが2巡後あっさり…


滝沢プロが放銃。
8000は8300で終局。
この放銃で2着から3着に落ちた滝沢プロ。

本当に何をやってもだめな状況ですよね。

プロでもそんな状況に陥るのです。

しかし寿人プロマジで強すぎ!

予選でトップ率5割ですって。

とりあえず寿人プロの安定感がやばいですね。

相手の攻撃を許さない先制リーチ。

そして先手を取られて勝ち目がないと踏めばしっかりオリる。

攻撃型の中でもしっかり守備を意識した打ち方です。

今後もRTDリーグ、大注目です。

ふたり揃って初代Mリーガー!

2018年8月7日に行われたMリーグドラフト会議にて、ふたり揃って指名され、初代Mリーガーとなりました!

連盟の若手としてこれまで麻雀界を牽引し続けてきたふたりが、同時に大きな舞台に立つことは、ファンとしてもとてもうれしいことです。

最高の舞台で、熱いライバル対決を繰り広げてほしいですね。