俳優の萩原聖人がついにプロ入り表明!日本プロ麻雀連盟に電撃入会!

スポンサーリンク


最近麻雀界の盛り上がりが半端ないですね!

先日のMリーグ発足発表に続き、なんとあの俳優の萩原聖人がプロ入りを発表!

マジでやばいです。

AbemaTVで放送された麻雀駅伝2018三人麻雀の最後に登場し、電撃発表を行いました。

日本プロ麻雀連盟会長の森山茂和プロも登場しました。

萩原聖人は、アマチュア雀士でありながらプロの対局に参加し、数々の名シーンを生み出したアマチュア最強雀士として知られていました。

2018年は、麻雀最高峰リーグのRTDリーグにも唯一のアマチュアとして参戦し、トッププロたちと熾烈なな準決勝進出争いを繰り広げています。

サイバーエージェントの藤田晋社長は、麻雀界を盛り上げるためには著名で更に麻雀の腕が確かな萩原の力が必要ということで、RTDリーグに萩原を招待しました。

Mリーグ参戦を見据えたプロ入り

萩原聖人のプロ入りした背景には、やはりMリーグ参戦があるようです。

Mリーグは、日本の麻雀プロ団体に所属するプロ雀士でないとドラフト指名されないのです。

萩原聖人は実力はプロ並みであり、これまで数々の対局にアマチュアとして参加してきました。

別にプロとして出る必要はなかったからです。

しかしこれからMリーグに指名されるためには、プロ資格なしでは無理なので、このタイミングでのプロ入りを表明しました。

萩原が大好きな強いプロがたくさんいて、厳しさがあるという理由から、日本プロ麻雀連盟を選んだそうです。

スポンサーリンク

RTDリーグ2018での闘いぶり

RTDリーグ2018ブラックに参戦しており、予選4位までが準決勝進出。

現状5位の萩原は、4位の内川幸太郎プロ(日本プロ麻雀連盟)と準決勝争いをしています。

残り3半荘となり、4位内川プロと直接対決。

僅差でトップ、親番の萩原はタンピン三色のイーシャンテン。

そこへ、現状最下位の超厳しい状況の村上淳プロ(最高位戦日本プロ麻雀協会)からドラタンキリーチ!

ドラの東:麻雀王国はすでに2枚切られており、いわゆる地獄待ち。

そこへ最後の東:麻雀王国を掴んでしまい、少考の萩原。

タンピン三色イーシャンテンなら切ってもおかしくない牌です。

しかしドラを止め、無スジの七萬:麻雀王国打ち!

これには解説陣も驚き。

タンキ待ち以外当たることのない2枚切れのドラを止め、冷静にオリを選択。

この読みの精度の高さは素晴らしいです。

ここで放銃してしまっては、準決勝進出を争う内川プロと離れてしまうということもあり、冷静な判断を見せます。

無事に流局。

そしてなんとか2着で終了。

4位内川プロがトップだったため、若干離されはしましたが、まだまだ分からない準決勝進出争い。

もはや完全にプロ級の実力の萩原です。

これから麻雀自体の価値を高めるために、萩原聖人が全身全霊を込めて闘いに挑みます。
麻雀プロリーグ『Mリーグ』初代出場選手がついに決定!Mリーガー誕生の瞬間!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする