麻雀対局中のガッツポーズはマナー違反なのか?

スポンサーリンク


今回は、麻雀中のガッツポーズについて考えていみたいと思います。

皆さんは麻雀を打ってて、ガッツポーズをする人を見たことがあるでしょうか。

僕はありません。

セット麻雀でふざけてガッツポーズとかはしたりしますが、フリー麻雀では絶対やりません。

もちろん、プロの対局中にガッツポーズをするプロを見たこともありません。


先日放送された熱闘Mリーグで、ゲスト出演していた芸人のロバート・山本博さんが、赤坂ドリブンズのメンバーにこんな質問をしていました。

ドリブンズは前半戦を終え、堂々の首位に立っています。

中でもドラフト1位の園田賢選手は、個人総合でもダントツの首位!

「本当はもっと楽しく麻雀をやりたいんじゃないですか?」

「ガッツポーズはマナー違反なんですか?」

ドリブンズのメンバーは笑っていましたが、これけっこう重要な質問ではないかと思います。

園田賢選手は、「本当はトップ取ったらガッツポーズしたいけど、負けた人のことを考えてガッツポーズをしない。多分文化なのではないか。」と返答。

確かに、フリー雀荘とかで自分が放銃し、その相手がガッツポーズしてたらちょっとうざいですね。

「Mリーグはいいんじゃないですかね?みんなユニフォーム姿とかで出ているわけですから。」と、少し不満そうな顔で話す山本さん。

やっぱり選手としては、みんな自然に麻雀中のガッツポーズはマナー違反という認識があるのかもしれません。

他のスポーツでは結構ガッツポーズを見る

スポーツでは、ガッツポーズをする場面をかなり多く見ます。

卓球の張本智和選手。

得点を入れると、かなりの大声で「チョレイ!」と叫びます。

しかも1対1の対戦で、その相手の前で構わず叫びます。

別に張本選手だけではなく、みんながやっています。

野球でも、ホームランを打ったらガッツポーズをしながらホームインするし、サッカーでも得点を取ったらガッツポーズをし、出場選手皆で騒ぎます。

麻雀はどうでしょうか。

実際のMリーグの対局の様子を見てみましょう。

スポンサーリンク

麻雀ではガッツポーズをまず見ることはない

これはEX風林火山・滝沢和典選手の倍満ツモの瞬間。

元々ドラの二筒:麻雀王国を暗刻で使い、満貫確定。

更に、暗刻の五索:麻雀王国を大明カンして、その五索:麻雀王国がモロ乗り。

最後はツモアガって4000・8000とした場面です。

ラス目からの倍満ツモであり、ここはかなりうれしいアガりなはず。

その時の滝沢選手の表情。

こんなトリッキーなアガりを見せた直後も、当の本人はいたって冷静。

本当は喜びたくてしょうがないでしょう。

パブリックビューイング会場がこちら。

滝沢選手がツモアガった瞬間、風林火山サポーターたちが騒ぎまくっています。

パチスロライターの木村魚拓も観戦中!

控室にいる風林火山メンバーも立ち上がって拍手を送ります。

以前、勝又健志選手の高速拍手、二階堂亜樹選手のジャンプして喜ぶシーンはSNSで話題になりましたね。

では赤坂ドリブンズを見てみましょう。

対局直後のシーン。

パッと見、だれがトップを取ったか分かりません。

トップを取ったのは鈴木たろう選手。

やはり他の対局者に気を使っているのか、喜びの表情は一切見せません。

しかし、対局場を出てチームメイトのいる控室に戻った瞬間、チームメイトとともに大きなガッツポーズで喜びを爆発させています。

そりゃうれしいですよ!

やはり、対局者が直接いる場面でのガッツポーズはせず、いないところでチームメイトの前で初めて喜びを爆発させるんですね。

まとめ

やはり、麻雀におけるガッツポーズはマナー違反という文化があり、やる人はいないようです。

しかし、ロバート・山本博さんの言うように、ユニフォームを着て、パブリックビューイングでファンが盛り上がり、スポーツを目指すというのなら、豪快なガッツポーズがあってもいいような気がしてきました。

しかし、それを見て「Mリーグはアマチュアの手本にならない」とか、「初心者が真似をしたらどうするんだ」という声が挙がりそうなのも事実。

これはかなり難しい問題ですね。

いちファンとしては、是非とも大きなガッツポーズをするプロ雀士を見てみたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする