坊主麻雀第四弾の開催が近い!?藤田社長がツイッターで言及

スポンサーリンク


AbemaTVの麻雀チャンネルで大人気の麻雀番組『坊主麻雀』

勝ったら500万円、負けたらその場で坊主という超分かりやすいルールで、これまで3回開催されてきました。

制限時間内で東風戦を行い、トータル得点で順位を争うのが坊主麻雀。

このほかにも特殊ルールがいくつかあり、かなり運の要素が高くなっています。

2017年に第三弾が放送されて以降、第四弾は行われていませんが、ついに第四弾開催に向けて動き出しているようです。

AbemaTVで絶賛放送中の『矢口真里の火曜The NIGHT』に出演している元巨匠・岡野陽一がきっかけでした。

番組内で、岡野の借金額について触れ、その借金が1000万円になったとのこと。

このため、賞金欲しさに坊主麻雀に出演したいと発言。

そして、番組中に、藤田社長が以下のツイートをしたと発表されます。

いつ開催されるかの詳細はまだ発表になっていませんが、開催することは間違いないのではないでしょうか!

これまでの坊主麻雀を振り返ってみましょう。

坊主麻雀第一弾

坊主麻雀は、2016年4月11日に開局したAbemaTVの開局記念番組として生放送が予定されました。

最初の予定ではこちらの4名の対局でした。

しかし、2016年4月14日に起きた熊本地震の影響で放送の延期が決定し、結局この4名での対局はなくなってしまいます。

結局、第一弾はメンツを変更して6月に生放送されました。

第一弾の対局メンバーは、藤田社長、ペナルティ・ワッキー、岡野陽一、池谷直樹(スポーツタレント)の4名。

第一弾の優勝は、藤田社長!

賞金の500万円は、地震で被災した熊本へ寄付したとのこと。

さすが金持ちですね。

借金を返済したいという岡野とは大違い!

この大会でビリになって坊主になったのは…

ワッキーでした。

芸人だからおいしいですね!

こんな感じでとても楽しそうな大会です。

スポンサーリンク

坊主麻雀第二弾


第二弾は、実業家界から堀江貴文氏、高須クリニック院長の高須克弥氏、借金王岡野陽一、前回覇者の藤田社長の4名。

高須院長が500万円を持参し、賞金は1000万となりました!

そしてその高須院長がそのままトップで賞金ゲット!

借金王はまたトップを逃す展開となってしまいます。

この大会でのビリは…


堀江貴文氏!

いつもコメンテーターでの辛口発言が印象的ですが、麻雀で負けて弱さをさらけ出す感じがいいですね。

それにしても高須院長、自分で500万持ってきて、結局お持ち帰りなんて、やっぱり金持ちに金が集まるのでしょうか。

坊主麻雀第三弾

第三弾は、AbemaTV開局1周年を記念して開催されました。

対局メンバーは、元大王製紙会長の井川意高氏、前回坊主の堀江貴文氏、元大相撲力士の貴闘力氏、元競輪選手の中野浩一氏の4名。

井川氏は、カジノでの100億以上の負けでニュースになった人。

超高額な金を不正に借り入れたとして実刑判決を受け、仮釈放後の番組出演となり、オープニングで「本当に大丈夫か」等の不安な声があがった。


そしてそのまま井川氏が優勝!

藤田社長曰く、「カジノは下手だけど麻雀は強い」と言っていました。

この大会のビリは…


またまたこの人!

「もう出ない」と言っていました。

2連続で坊主なら、もう出たくないですよね。

こんな感じの大会です。

第四弾もかなり期待できそうです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする